pagetop

本 群集生態学 生物多様性学と生物地理学の統一中立理論

ほしい!に追加 twitter
本-群集生態学 生物多様性学と生物地理学の統一中立理論
著者: STEPHENP.HUBBELL (著)
平尾聡秀 (訳)
定価 ¥4,536(税込)
BOOKFANポイント: 42 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
文一総合出版
発行年月
2009年 04月
ISBNコード
9784829910184
版型
--
ページ数
327P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

STEPHENP.HUBBELL OFF
平尾聡秀 OFF

内容紹介

生物多様性の喪失が懸念される中で、生物多様性を十分に説明できる理論はいまだに確立されてない。
本書では、生物群集のすべての個体が中立であるという仮定の下、種分化と分散制限を組み込んだ群集動態モデルを構築し、生物多様性学(種数や相対種個体数の理論)と生物地理学(種の地理的分布の理論)を統一する。
この統一中立理論によって、さまざまな時空間スケールの生物多様性について、検証可能な予測が提示される。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 MacArthurとWilsonの生物地理学/第2章 相対種個体数の古典的理論/第3章 相対種個体数の動態モデルの萌芽/第4章 生態的浮動下の局所群集動態/第5章 メタ群集動態と統一理論/第6章 動態モデルと種数面積関係/第7章 メタ群集の空間明示モデルとベータ多様性/第8章 種分化と系統と多様性の進化/第9章 サンプリングとパラメーター推定/第10章 分散集合理論とニッチ集合理論の調和

著者情報

平尾 聡秀
1980年生まれ。2008年、北海道大学大学院環境科学院博士後期課程修了。博士(環境科学)。現在、北海道大学北方生物圏フィールド科学センター日本学術振興会特別研究員。専門分野:群集生態学・景観生態学
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

生きがいについて

神谷美恵子(著)


今日の治療薬 解説と便覧 2018

浦部晶夫(編集)


診療点数早見表 2018年4月版


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ