pagetop

本 日本の爬虫両生類157

ほしい!に追加 twitter
本-日本の爬虫両生類157
著者: 大谷勉 (著)
定価 ¥1,080(税込)
BOOKFANポイント: 50 pt
or
Tポイント: 30 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 文一総合出版
シリーズ名 ポケット図鑑
発行年月 2009年 04月
ISBNコード 9784829910160
版型 --
ページ数 287P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大谷勉 OFF

内容紹介

北海道から南西諸島まで、日本国内に生息する陸棲爬虫類・両生類157種を収録。
陸上や淡水域で見られる種類はすべてカバーしております。
一目ではなかなか識別できないものが多い爬虫両生類ですが、本書は特徴や生態がよくわかる写真とともに、類似種との違いや亜種間の差、地域差、雌雄差、繁殖期の変化、幼生・幼体の特徴といった写真だけではわかりにくい部分について詳しい解説を加えました。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

両生綱(有尾目/無尾目)/爬虫綱(カメ目/有鱗目トカゲ亜目/有鱗目ヘビ亜目)

著者情報

大谷 勉
1949年生まれ。1971年、みさき公園(大阪府泉南郡岬町)内の高田爬虫類研究所常設館に入所。各地の常設館赴任をへて、1975年に当時沖縄こどもの国内にあった高田爬虫類研究所沖縄分室に室長として着任。2003年、高田爬虫類研究所沖縄分室の名を継承し、沖縄市照屋にて独立。沖縄赴任後、亜熱帯の気候風土を利用し、数々の爬虫類の繁殖を手がけ、ワニ類の自然繁殖に国内で初めて成功。2000年よりリュウキュウヤマガメの本格的な生態調査を継続中、併せて沖縄島北部に生息する両生爬虫類の生態調査や繁殖にも力を入れている。爬虫・両生類情報誌「クリーパー」などへの寄稿を通して、沖縄島北部に暮らす動物達の現状を発信している他、自然観察ガイドも行っている。沖縄両生爬虫類研究会会員でたびたび会誌「AKAMATA」に寄稿。沖縄市立郷土博物館協議会委員。沖縄爬虫類友の会主催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ