pagetop

本 趙紫陽 中国共産党への遺言と「軟禁」15年余

ほしい!に追加 twitter
本-趙紫陽 中国共産党への遺言と「軟禁」15年余
著者: 宗鳳鳴 (著)
高岡正展 (編訳)
定価 ¥5,142(税込)
BOOKFANポイント: 238 pt
or
Tポイント: 142 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ビジネス社
発行年月 2008年 08月
ISBNコード 9784828414416
版型 --
ページ数 492P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

宗鳳鳴 OFF
高岡正展 OFF

内容紹介

趙紫陽は、「第2次天安門事件」で、武力鎮圧に異議を申し立て、総書記の座を追われた人物である。
亡くなるまでの15年余りにわたり、北京の一角に軟禁された。
数十年来の戦友であった著者が密かに100度以上通い、趙紫陽の発言を書きとめたのが本書である。
天安門事件の真相から、「中南海」の人間関係、社会主義・共産党の歴史的総括と将来性まで、本音が詰まった一書である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

「己で選択したことだ」/二つの過渡期についての見方/趙紫陽が第13期4中全会で行なった弁明/二つの奇妙な現象/一つの問題がもつ二つの側面/社会の進歩を表す新指標を検討する/〓(とう)小平の特殊な影響/発展途上国は革命成立後に社会主義を実施してはならない/〓(とう)小平の「南巡講話」に対する見解/改革の理論と中国改革の特色〔ほか〕

著者情報

宗 鳳鳴
河南省濮陽出身。1920年1月19日生まれ。1938年に中国共産党に入党し、県委員会書記、地区委員会宣伝部部長、副書記を務め、長らく趙紫陽と仕事をともにした。日本軍占領地区での5回にわたる治安維治活動、および国共内戦を経験する。1952年に貴州安順地区委員会副書記となる。同年、北京航空学院政治補導処の主任へと転属。1953年に中国人民大学の院生クラスに入り経済を学ぶ。1955年、北京工業学院の党委員会書記。1957年、北京航空学院に入り航空エンジンについて専門に学ぶ。卒業後に趙紫陽から湛江市の責任者としての要請を受けたが断っている。1962年からハルビン航空発動機製造廠の中心的指導者および技師長として赴任する。文革後は北京に戻り企業改革の模索を始め、北京航空学院の中心指導者および高級技師となった。1980年代の半ばからは黄河の中下流域の貧困地区における農村調査と、貧困救済・自立支援プロジェクトに従事し、その後に国家経済体制改革研究会の常務理事となる。1990年に北京航空学院を退職。1993年には国家経済体制改革研究会に在任中ながら引退した
高岡 正展
1943年広島県広島市生まれ。上智大学文学部新聞学科卒。長年、雑誌の編集・執筆に携わる一方、英語・中国語の翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


有斐閣判例六法Professional 平成29年版 2巻セット

山下友信(ほか編集)


ランキング一覧へ