pagetop

本 脱ひきこもり 幼児期に種を蒔かないために

ほしい!に追加 twitter
本-脱ひきこもり 幼児期に種を蒔かないために
著者: 森本邦子 (著)
定価 ¥842(税込)
BOOKFANポイント: 39 pt
or
Tポイント: 23 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 KADOKAWA(角川マガジンズ)
シリーズ名 角川SSC新書 069
発行年月 2009年 05月
ISBNコード 9784827550696
版型 --
ページ数 188P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

森本邦子 OFF

内容紹介

30年以上にわたり子どもに絵を描かせて心理を探る仕事を続けてきた著者は、80年代中頃から子どもの描く絵が変わってきたことに危惧を覚えていた。
妙に物分かりがよく、物静かな子どもたち。
20数年後の彼らの姿が、ひきこもりの若者たちとぴたりと重なった。
今やひきこもりの数は100万人以上、平均年齢も30歳を超えた。
まさにひきこもりの生産工場となってしまった日本社会。
その再生産を止める方法はある。
ひきこもりをつくらないためにはどうすればいいのか。
どうすればひきこもり生活から抜け出せるのか。
その解決方法を提示した。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 「ひきこもり」の種は幼児期に蒔かれる(生きづらさを抱える若者たちとの出会い/ワルテッグ・テストとの出合い ほか)/第1章 子どもの絵から読み取る深層心理(七〇年代・描きまくる快感を味わう子どもたち/八〇年代・子どもの世界にも性のボーダーレスが忍び寄る ほか)/第2章 元ひきこもりの若者たちの証言(ひきこもりを支援する「ニュースタート」/和泉達生さん(三九歳)のケース ほか)/第3章 謎多き「ひきこもり」の正体と、「ひきこもり」をつくらないための予防策(自分そのものが空っぽである/「核になる自分」の基礎は六歳前後に形づくられる ほか)

著者情報

森本 邦子
1935年京都府生まれ。ミネルヴァ心理研究所所長。心理カウンセラー。「幼稚園110番」主宰。京都女子大学文学部国文学科卒業。10年間、公立小学校の教師を勤める。退職後、心理学を学び、子どもの心理テストと親子のカウンセリングの仕事に就く。1985年よりボランティアで「幼稚園110番」を開設。電話相談を始める。本職のかたわら、自宅を開放した「家庭文庫」を20年余り開いていた。1男1女の母であり、2人のおばあちゃんでもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ