pagetop

本 中国発世界恐慌は来るのか?

ほしい!に追加 twitter
本-中国発世界恐慌は来るのか?
著者: 門倉貴史 (著)
定価 ¥820(税込)
BOOKFANポイント: 38 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
KADOKAWA(角川マガジンズ)
シリーズ名
角川SSC新書 044
発行年月
2008年 07月
ISBNコード
9784827550443
版型
--
ページ数
175P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

門倉貴史 OFF

内容紹介

毎年10%以上の経済成長を遂げ、超大国への躍進を続ける中国。
しかし、北京五輪後にバブルが弾けるのではないかという見方もある。
もし巨大な工場であり、巨大な市場である中国経済が失速すれば、世界は歯止めの効かない深刻な連鎖不況に陥るだろう。
それほどに、世界経済における中国の存在感は高まっている。
チベット動乱や四川大地震は中国経済にどんな影響を与えたのか。
その先には何が待っているのか。
赤き大国の今後の動向と日本への影響をシミュレーションする。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 チベット動乱、四川大地震と北京五輪/第2章 中国経済、3つのシナリオ/第3章 深刻化する所得格差/第4章 ニューリッチという新階層/第5章 「一人っ子政策」の歪み/第6章 人民元の切り上げと資産バブルの崩壊/第7章 衛生面のチャイナ・リスク

著者情報

門倉 貴史
1971年神奈川県横須賀市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、浜銀総合研究所入社。99年日本経済研究センターへ出向、2000年シンガポールの東南アジア経済研究所へ出向。02年4月から05年6月まで第一生命経済研究所経済調査部主任エコノミスト。2005年7月からは、BRICs経済研究所のエコノミスト・作家として講演・執筆活動に専念。専門は、日米経済、アジア経済、BRICs経済、地下経済と多岐にわたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

リバース

湊かなえ(著)


応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱

呉座勇一(著)


奪還の日

堂場瞬一(著)


ランキング一覧へ