pagetop

本 カレーライスの謎 なぜ日本中の食卓が虜になったのか

ほしい!に追加 twitter
本-カレーライスの謎 なぜ日本中の食卓が虜になったのか
著者: 水野仁輔 (著)
定価 ¥820(税込)
BOOKFANポイント: 38 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
KADOKAWA(角川マガジンズ)
シリーズ名
角川SSC新書 040
発行年月
2008年 05月
ISBNコード
9784827550405
版型
--
ページ数
171P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

水野仁輔 OFF

内容紹介

1950~60年代の高度成長期に新しい“おふくろの味”として食卓の主役に踊り出してから、長年にわたって日本人が夢中になり続けている料理、カレーライス。
インド料理のカレーとは、似て非なるこの“日本料理”は、いったい誰が生み出し、どのように広まっていったのか。
カレーの語源、カレー伝来のエピソード、カレールウとレトルトカレーの製造秘話、カレーに含まれる旨み成分の中身など、カレーライスの謎が今明かされる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 カレーライスの正体(カレーライスの魅力/カレーの語源)/第2章 カレーライスの歴史(日本人とカレーの出会い/ヨーロッパ人とカレーの出会い/日本カレー文化の黎明期)/第3章 カレーライスの革命―国民食への歩み(日本独自のカレールウの誕生/即席カレー市場をめぐる攻防/日本の製造技術が生んだレトルトカレー)/第4章 カレールウの謎(カレールウの分解/スパイスの常習性とそれを操るテクニック/カレーのコクってなんだ?)/第5章 カレーライスの将来(おふくろの味からの脱却と変化の兆し/カレーはどこへ向かうのか?)

著者情報

水野 仁輔
1974年静岡県生まれ。1999年に結成した男性7人組の出張料理ユニット『東京カリ~番長』の調理主任。全国各地の様々なイベントに出張して、テーマに合わせたカレーと音楽を提供する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

アキラとあきら

池井戸潤(著)


儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

ケント・ギルバート(著)


教団X

中村文則(著)


ランキング一覧へ