pagetop

本 江戸幕府崩壊論

ほしい!に追加 twitter
本-江戸幕府崩壊論
著者: 藤野保 (著)
定価 ¥3,132(税込)
BOOKFANポイント: 145 pt
or
Tポイント: 87 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 塙書房
シリーズ名 塙選書 106
発行年月 2008年 04月
ISBNコード 9784827331066
版型 --
ページ数 304P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

藤野保 OFF

内容紹介

「江戸幕府はなぜ崩壊したか」。
この命題に関する戦後の主な研究は、幕府を倒す側からみた「西南雄藩討幕派史観」にもとづく、一藩絶対主義の立場からの幕府崩壊論であるといってよい。
本書は、幕府と幕政を担う譜代大名および御三家との相関分析を通じて幕府崩壊の要因・諸過程を総合的に解明する。
また維新政権の対藩政策の分析を通じて、維新政権の性格を逆照射し、同時に明治維新の本質を究明する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 幕藩体制のシスム(幕藩体制の特質/外様と徳川一門(親藩)・譜代/幕府の政治構造と老中政治/幕政改革と幕府権力の衰退)/第2章 御三家と譜代藩の存在形態(御三家の存在形態と付家老制/譜代藩の所領構造―関東譜代を中心として/藩領・天領・旗本領形成のメカニズム―非領国地帯形成の原理)/第3章 御三家・譜代藩の藩政改革(幕政改革と御三家の対応/譜代藩の藩政改革と幕閣藩の地域移動)/第4章 幕末の政局と明治維新(幕末の政治情勢と西南雄藩の登場/幕府権力の二極化と御三家/幕府の崩壊と維新政権の成立)/第5章 維新政権と諸藩の政治動向、領国体制の特質・解体(戊辰戦争と徳川一門・譜代諸藩の政治動向/維新政権下の領国体制/維新新政権の権力構造と天皇絶対主義国家の成立)

著者情報

藤野 保
一九二七年長崎県に生まれる。一九五九年東京教育大学大学院文学研究科博士課程修了。九州大学教授・中央大学教授を歴任。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ