pagetop

本 いま患者が求めるホスピス緩和ケア 病院、在宅のホスピス緩和ケアではなにが求められているのか

ほしい!に追加 twitter
本-いま患者が求めるホスピス緩和ケア 病院、在宅のホスピス緩和ケアではなにが求められているのか
著者: 野沢一馬 (著)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ぱる出版
シリーズ名 New Medical Management
発行年月 2006年 06月
ISBNコード 9784827202670
版型 --
ページ数 223P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

野沢一馬 OFF

内容紹介

いまホスピスケアを受けたいという患者のニーズに応える医療体制はどの程度整っているのか?患者も家族も納得できるホスピス緩和ケアはどうやったら実現できるのか?患者が安心して在宅ホスピスケアを受けるためにはなにが必要なのか?ホスピス緩和ケアを進める医師、看護師にはなにが求められているのか?などホスピス緩和ケアの現状と基礎知識、克服すべき課題を医療現場の最前線からすくい上げた1冊。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 ホスピス緩和ケア最前線―いま、現場ではどのようなケアが求められているのか(「在宅ケア」にホスピスケアでの経験を生かす―東京都・小平市/「ケアタウン小平クリニック」/緩和ケア病棟とともに地域の病院・開業医などとの連携で在宅療養支援も―千葉市・中央区/「千葉県がんセンター緩和医療センター」 ほか)/第2章 ホスピス緩和ケアとはなにか?いまどうなっているのか?“基礎知識編”(30万人を超える日本のがん死亡者/“国民病”となったがん ほか)/第3章 ホスピス緩和ケアの始め方・進め方(これからのホスピス緩和ケアを始めるために必要とされること/「ホスピス・緩和ケアプログラムの基準」について ほか)/第4章 在宅ホスピス緩和ケアの現状と課題(在宅で“死”を迎えるということ/一般病院・病棟での緩和ケアはどこが不満足なのか ほか)/第5章 これから求められるホスピス緩和ケアとはなにか(なんのためのホスピス緩和ケアか/富山の「延命中止」事件が問いかけてくるもの ほか)

著者情報

野沢 一馬
1947年宮城県生まれ。ジャーナリスト。ビジネス、映画、食、人物ルポなど様々なジャンルのテーマを精力的に追いかけている。丁寧な取材とわかりやすいレポートには定評があり、雑誌・書籍で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


今日の治療薬2017 解説と便覧


現場で使える新人登録販売者便利帖

仲宗根恵(著)


ランキング一覧へ