pagetop

本 パキスタン・ビジネス最前線 駐在員が見た実力と将来

ほしい!に追加 twitter
本-パキスタン・ビジネス最前線 駐在員が見た実力と将来
著者: 佐藤拓 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ジェトロ
発行年月 2000年 07月
ISBNコード 9784822408862
版型 --
ページ数 238P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

佐藤拓 OFF

内容紹介

日本に住んでいて、パキスタンという国名を耳にすることは極めて少ない。
そして、たまに耳に入ってくる情報といえば、爆弾テロといったセンセーショナルな事件や日本国内の不法就労者などのネガティブな話ばかりである。
また、1998年5月には、インドに続いて核実験を行い、世界中に衝撃が走った。
被爆国である日本は、これに厳重に抗議し、米国とともに経済制裁を課した。
これによって、もともとポジティブではなかった日本人のパキスタン観は一層悪くなった。
しかし、なぜパキスタンは核実験を行わなくてはならなかったのか、そして、パキスタンは、本当に治安が悪いテロのあふれるだけの国なのか、日本にいては分からない、その実態を紹介するのが、本書『パキスタン・ビジネス最前線』である。
投資手続き、貿易手続きといった制度情報またマクロ経済分析、本書では、そういった情報は最小限に留め、具体的なビジネス情報を中心に、産業界へのインタビューを交えながら、知られざるパキスタンの実状を紹介している。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

プロローグ パキスタンを知ってもらうために/第1章 パキスタンの見方/第2章 隠れた産業の宝庫―サッカーボールから大理石まで/第3章 テイクオフへの模索―自動車産業、化学産業、発電事業の実態/第4章 パワーゲームに翻弄された51年―ムスリムの保守化と核実験/第5章 地域経済圏へのアプローチ/エピローグ 21世紀のフロンティア、パキスタン

著者情報

佐藤 拓
1969年生まれ。1993年3月東京外国語大学外国語学部インド・パーキスターン語学科卒業。1993年4月ジェトロ(日本貿易振興会)入会。情報サービス部情報サービス課、企画部企画課勤務を経て、1995年9月ジェトロ・カラチ事務所へ赴任。1998年10月同事務所より帰国、投資交流部投資交流課勤務を経て現在、企画部企画課勤務。著書に『アジア経済読本(第二版)』[パキスタン編](共著、東洋経済新報社)。『米国におけるPL法と日系企業の対応』(ジェトロ)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ