pagetop

本 安全学入門 安全を理解し、確保するための基礎知識と手法

ほしい!に追加 twitter
本-安全学入門 安全を理解し、確保するための基礎知識と手法
著者: 古田一雄 (著)
長崎晋也 (著)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 日科技連出版社
発行年月 2007年 03月
ISBNコード 9784817192202
版型 --
ページ数 221P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

古田一雄 OFF
長崎晋也 OFF

内容紹介

今や安全は「モノづくり」の問題にとどまらず、人間、社会、環境の側面を巻き込んで、非常に広い領域に関連している。
安全管理に携わる専門家や組織の決定に責任を有するリーダーは、こうした安全問題の全体像を把握しておく必要がある。
しかし、そこまで広い観点から安全を論じた入門書はほとんどない。
本書は安全学の全体像と重要事項について解説したものである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

安全の基本概念/リスク表現と安全目標/ハザードの同定/確率論的安全評価/事故分析/有害物質の環境・生体動態解析と曝露量評価/毒性評価/環境リスク評価/ヒューマンファクター/リスクマネジメント/リスクコミュニケーション/安全規制

著者情報

古田 一雄
1981年東京大学工学部原子力工学科卒業、1986年東京大学大学院工学系研究科原子力工学専攻博士課程修了、工学博士。財団法人電力中央研究所研究員、東京大学工学部講師、同助教授、同大学院新領域創成科学研究科教授を経て2003年より東京大学大学院工学系研究科教授。人にやさしく、人との協調が可能で、安全・安心な工学システムを創出するための理論構築と技術実現を目指して、ヒューマンモデリングやヒューマンインタフェースなど、認知システム工学の研究を行っている。さらに最近では、人と人、人と社会との相互作用に着目し、安全・安心社会を実現するために必要な社会技術や社会デザインについても興味をもっている
長崎 晋也
1986年東京大学工学部原子力工学科卒業、1988年東京大学大学院工学系研究科修了、工学博士。四国電力株式会社入社。その後、東京大学工学部助手、同講師、東京大学大学院工学系研究科助教授などを経て、現在、東京大学大学院工学系研究科教授。物理や化学、数学とともに倫理学や文明史学、国際政治学もカバーする放射性廃棄物処分学を提唱し、安全で合理的な放射性廃棄物の最終処分の実現に寄与する工学研究に従事。現在、放射性廃棄物処分学の一形態として、未来環境問題の立場から、放射性物質や化学物質による環境リスク評価における不確かさの科学の確立を目指している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ