pagetop

本 戦後日本の対外金融 360円レートの成立と終焉

ほしい!に追加 twitter
本-戦後日本の対外金融 360円レートの成立と終焉
著者: 伊藤正直 (著)
定価 ¥7,128(税込)
BOOKFANポイント: 330 pt
or
Tポイント: 198 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 名古屋大学出版会
発行年月 2009年 06月
ISBNコード 9784815806156
版型 --
ページ数 416P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

伊藤正直 OFF

内容紹介

360円レートの成立から戦後経済発展へ。
ドッジ・ラインによる占領改革からニクソン・ショックによる固定相場制の崩壊まで、戦後復興・高度成長を可能にした対外金融構造を、日米の一次資料を駆使して実証的・立体的に解明、戦後日本経済の国際的連関をこれまでにない水準で示し、ブレトン・ウッズ体制の理解にも新たな光をなげかける。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 360円レートの成立(対外取引の全面禁止/複数レートの時代/単一為替レートの設定/ドッジ改革後の占領政策と日米経済協力)/第2章 360円レートの時代(外為・外貨規制と外貨管理/IMFコンサルテーションとOECD加盟/国際収支の黒字転換と資本自由化)/第3章 360円レートの終焉(外貨準備の急増と円切上げ回避政策/ニクソン・ショックと国際調整の難航/スミソニアン合意/フロート制への本格的移行/第1次石油危機と管理フロートへの以降)/ブレトン・ウッズ体制とは何であったのか?

著者情報

伊藤 正直
1948年愛知県に生まれる。1976年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。東京大学社会科学研究所助手、立命館大学経済学部助教授、名古屋大学経済学部助教授などを経て、東京大学大学院経済学研究科教授(経済学博士)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ