pagetop

本 日本の地方政治 二元代表制政府の政策選択

ほしい!に追加 twitter
本-日本の地方政治 二元代表制政府の政策選択
著者: 曽我謙悟 (著)
待鳥聡史 (著)
定価 ¥5,184(税込)
BOOKFANポイント: 240 pt
or
Tポイント: 144 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
名古屋大学出版会
発行年月
2007年 12月
ISBNコード
9784815805715
版型
--
ページ数
335,39P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

曽我謙悟 OFF
待鳥聡史 OFF

内容紹介

比較政治制度論からのアプローチにより、戦後の議会と首長の個別公選制下における地方政府の政策選択の大きな変化を実証、大規模なデータ分析と事例分析をもとに、知られざる地方政府の政治的ダイナミクスをかつてない水準で描き出す。
地方政治論に新たなフロンティアを拓く画期的論考。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 課題としての地方政治/第1章 地方政府の比較政治学―理論的検討とモデル/第2章 戦後日本の知事と議会―独立変数の基礎データ/第3章 財政と政策の長期的変化―従属変数の基礎データ/第4章 革新自治体隆盛期の政策変化―一九六〇年代‐七〇年代前半/第5章 保守回帰期の政策変化―一九七〇年代後半‐八〇年代/第6章 無党派知事期の政策変化―一九九〇年代以降/終章 結論と展望

著者情報

待鳥 聡史
1971年生まれ。1996年京都大学大学院法学研究科博士課程中退。大阪大学大学院法学研究科助教授などを経て、京都大学大学院法学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
曽我 謙悟
1971年生まれ。1994年東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科助手などを経て、大阪大学大学院法学研究科准教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

ポケット六法 平成30年版

山下友信(編集)


大人のための国語ゼミ

野矢茂樹(著)


公共建築工事標準仕様書 平成28年版建築工事編

国土交通省大臣官房官庁営繕部(監修)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ