pagetop

本 近世仮名遣い論の研究 五十音図と古代日本語音声の発見

ほしい!に追加 twitter
本-近世仮名遣い論の研究 五十音図と古代日本語音声の発見
著者: 釘貫亨 (著)
定価 ¥6,156(税込)
BOOKFANポイント: 285 pt
or
Tポイント: 171 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 名古屋大学出版会
発行年月 2007年 10月
ISBNコード 9784815805708
版型 --
ページ数 280,8P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

釘貫亨 OFF

内容紹介

近世の仮名遣い論の核心には古代日本語音声の発見があった。
抽象的な音声中心主義批判に与することなく、契沖・宣長などの巨人や知られざる音韻家・国学者の拓いた学理の地形を周到かつスリリングに辿る。
未紹介資料『喉音仮名三異弁』『同弁正』の影印収録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 日本語学説史における「音韻」の問題/第2章 いろは歌から五十音図への交替―契沖『和字正濫鈔』の意義/第3章 日本語音声の自覚へ―文雄『和字大観鈔』の意義/第4章 「喉音三行弁」と近世仮名遣い論の展開/第5章 「おを」の行所属と本居宣長『字音仮字用格』/第6章 「喉音三行弁」論争史/第7章 砺波今道『喉音用字考』と『呵刈葭』論争/第8章 五十音図の学理の完成―東条義門『於乎軽重義』の意義/第9章 五十音図上代実在説と神世文字―平田篤胤の論理/終章 古代人のこゑ(声)を聞く―音声研究と民族主義/資料編 『喉音仮名三異弁』『同弁正』東京大学文学部国語研究室蔵(影印)

著者情報

釘貫 亨
1954年和歌山市に生まれる。1981年東北大学大学院文学研究科博士課程中退。名古屋大学大学院文学研究科教授、文学博士(名古屋大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ