pagetop

本 アメリカの政治と科学 ゆがめられる「真実」

ほしい!に追加 twitter
本-アメリカの政治と科学 ゆがめられる「真実」
著者: マイケル・ガフ (編著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 昭和堂
発行年月 2007年 03月
ISBNコード 9784812207093
版型 --
ページ数 301,18P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

マイケル・ガフ OFF

内容紹介

これまで地球温暖化対策に否定的であったブッシュ政権が、中間選挙での敗北によっていよいよ舵を切った。
それは、「政治的判断」によって「科学的事実」が大きく左右されることの証でもある。
「科学者」もまた「政治的」であることからは逃れられないことは、本書の存在そのものが物語っている。
日本人はこの現実をどううけとめるべきか。
われわれはすでに傍観者ではない。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 科学の危険な政治化/第2章 科学技術に対する政治的規制が生む腐敗/第3章 科学と公共政策/第4章 内分泌かく乱物質/第5章 がん予防と環境化学物質の混乱/第6章 原子力/第7章 科学かそれとも政治的科学か?―気候の多様化と変動の影響の可能性に対する米国としての評価を考える/第8章 エージェント・オレンジとダイオキシンの政治化された科学/第9章 スウェーデンの化学物質規制における科学と政治/第10章 事前警戒原則はいかに病死者を増やしたか―DDTの使用禁止とマラリアの復活/第11章 レヴェル博士とゴア元副大統領の場合―科学に対する政治的抑圧の企て

著者情報

マイケル・ガフ
コンサルタントであり、グリンネル大学で学士を取得、ブラウン大学において生物学で博士号を得た。ミシガン大学、ベイラー医科大学およびニューヨーク州ストーニーブルックのニューヨーク州立大学で一〇年間、さらに、国立衛生研究所で二年間、学問的な経験を積んだ後、1977年に議会の技術評価局(OTA)に勤めた。1980年代初頭、議会がOTAに課した、原爆実験に従事した退役軍人のがんおよびベトナム戦争に従軍した退役軍人の健康についての執行部門研究を監督。ベトナム戦争において使用された除草剤の健康に対する影響の可能性について退役軍人者(VA)の諮問委員会、およびベトナム戦争においてエージェント・オレンジを撤布した空軍兵士の健康についての米国空軍の研究について勧告する保健福祉者(DHHS)の委員会の議長を務めた。1995年に環境保護庁(EPA)の行ったダイオキシンの再評価を評価するEPAの科学諮問会議の委員会のメンバー。リスク分析学会の特別会員であり、2001~2002年には国際毒物学・薬学規制協会の会長を務める

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ