pagetop

本 エリザベス・ビショップ詩集

ほしい!に追加 twitter
本-エリザベス・ビショップ詩集
著者: エリザベス・ビショップ (著)
小口未散 (編訳)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 14 pt
or
Tポイント: 14 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
土曜美術社出版販売
シリーズ名
世界現代詩文庫 32
発行年月
2001年 02月
ISBNコード
9784812012826
版型
--
ページ数
156P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

エリザベス・ビショップ OFF
小口未散 OFF

目次

『北と南』(1946)より/『冷たい春』(1955)より/『旅の問い』(1965)(“ブラジル”編/“別のどこかで”編)/散文詩(1969)/『地理3課』(1976)/拾遺・後期詩篇より

著者情報

エリザベス・ビショップ
1911~79年。20世紀アメリカで最も愛された詩人の一人。ムーア、ローウェルを生涯の友とし、一世代若いメリルやアッシュベリ、そしてヒーニー・パスほか欧州・南米の詩人の共感をも誘った。四冊の詩集はすべて合衆国の主要な詩の賞を、また、アメリカ人として女性としてはじめてノイシュタット文学賞を受賞した
小口 未散
1950年東京生まれ。1989年以来この詩人の詩跡を探し、評論「エリザベス・ビショップの家」(「詩と思想」’99)のほか、カナダの機関誌への投稿、ウスター、オウロプレトでの発表などがある
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

かがみの孤城

辻村深月(著)


生きるとか死ぬとか父親とか

ジェーン・スー(著)


上を向いてアルコール 「元アル中」コラムニストの告白

小田嶋隆(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ