pagetop

本 学校でこそできることとは、なんだろうか

ほしい!に追加 twitter
本-学校でこそできることとは、なんだろうか
著者: 里見実 (著)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 太郎次郎社エディタス
発行年月 2005年 05月
ISBNコード 9784811807164
版型 --
ページ数 214P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

里見実 OFF

内容紹介

子どもたちが集まって、ひとつのことがらを、協働的に、持続的に、かつ知的に追究できる場として、学校以外に現在、どのような場があるだろうか。
学校のもつこのメリットをどう活かしていけるかを、私たちはポジティブに追究していかなければならない。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 ふたたび学校について(天は人の上に人を造らず。されども、と諭吉はいった/機会均等とは、不平等になる機会が均等に与えられる、ということで/さりとてネガティブなものをネガティブなものとして語るだけでは/既有の認識の枠組みがぐらり、とゆらぐ授業をめぐって)/第2章 人として育つことが困難な時代に、学びは(虎は虎であることをやめない。だが、人間は―/収奪と過剰給付のやまぬこの現実を土台にして、子どもたちは育つのだとすれば/思考のプランクトンは、世界と身体との界面でざわめく/架橋すること。経験と知恵を、身体とことばを、個と個の学びを)/第3章 学校でこそできること(生活知から概念知への「渡り」について―タイの子どもと学校/デューイ実験学校での「学び」について―社会的オキュペーション/六歳児たちが獲得した「世界」について―模倣と示唆、興味の広がり/知ることで発見される「未知」について―日本での試み/経験を知の体系へ導く「意味の広がり」について―遊びと労働と知/協働と参加を生みだす「磁場」について―「市民」形成の場としての学校/比較すること、翻って「教科と総合」について―学びのパースペクティブ)

著者情報

里見 実
教育学専攻。国学院大学教員、自由の森学園協力研究者

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ