pagetop

本 オランダの社会住宅 住宅セーフティネットのモデル

ほしい!に追加 twitter
本-オランダの社会住宅 住宅セーフティネットのモデル
著者: アンドレ・オウヴェハンド (著)
ヘルスケ・ファン・ダーレン (著)
角橋徹也 (訳)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ドメス出版
発行年月 2009年 10月
ISBNコード 9784810707281
版型 --
ページ数 129P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

アンドレ・オウヴェハンド OFF
ヘルスケ・ファン・ダーレン OFF
角橋徹也 OFF

内容紹介

オランダの住宅に興味を持ち、いくつかの都市や地方を訪れる多くの外国人が、社会住宅の団地を見てよく尋ねることがある。
“このすべてが社会住宅なのですか?”と。
彼らは総戸数240万戸、住宅ストックの36%を占める社会賃貸住宅の膨大な数と、その質の高さに驚かされるのである。
多くの国では、社会住宅というと生活貧困者向けの低質住宅と受け取られがちであるが、オランダにおいては低所得者層のみではなく、幅広く中間層や高齢者・障害者などを含む多様な階層を対象としている。
そこでは世にいわれるスティグマ化(社会的恥辱)やゲットー化、社会的排除のようなネガティブな社会現象はほとんど見られない。
多くの外国人は、オランダの社会住宅が住宅協会によって運営されている仕組みや、住宅協会と政府が果たしている役割を知って驚き、不思議がるのである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

オランダの社会賃貸住宅セクター/社会賃貸セクターの成長と発展/住宅協会の特徴/社会的責務を担う民間組織/住宅協会の法的構造/テナントと家賃/誰が入居できるのか?/住宅の質/住宅協会と居住環境/住宅とケア/テナントが獲得した発言権/社会賃貸セクターの財政/社会住宅の1つのモデル

著者情報

角橋 徹也
1934年生まれ。大阪市立大学工学部建築学科卒業(1957年)後、大阪府にて千里・泉北両ニュータウン計画に従事、1970年大阪万博協会に出向(1968年)し会場計画作成に従事、退職後建築とまちづくりのコンサルタント事務所・都市自治研究所主宰。1999年オランダハーグ社会科学研究所修士課程修了、2003年神戸大学自然科学研究科博士課程修了、2003年立命館大学大学院非常勤講師。2006年ロッテルダム大学住宅都市再開発研究所に留学。都市プランナー、工学博士、技術士、一級建築士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ