pagetop

本 渚ばんざい 漁村に暮らして

ほしい!に追加 twitter
本-渚ばんざい 漁村に暮らして
著者: 川口祐二 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ドメス出版
発行年月 2003年 06月
ISBNコード 9784810705997
版型 --
ページ数 232P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

川口祐二 OFF

内容紹介

40年の歳月をかけたコンブ漁場の再生、自然の循環による豊かな海を維持するシラス漁。
それに引き替え、海岸の埋め立てで痛み続ける渚の荒廃は止まることを知らない―北は北海道南部の岸辺から、南は沖縄糸満の波止場近くに及ぶ15か所、38人からの聞き書きの旅に学ぶ。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

蔭在の暮らし、コンブと共に(北海道南茅部町尾札部、木直)/晩秋、あずまし龍飛・小泊(青森県三廏村龍飛崎、小泊村袰内)/北の端尻屋へ―僻地ばんざい(青森県東通村尻屋)/越後の海、竹の島粟島行(新潟県粟島浦村)/日本の真ん中、舞阪暮らし(静岡県舞阪町)/貝を集めて四十年(三重県志摩町御座)/川底でウナギとり、磯でハバノリをとる(三重県紀宝町成川、尾鷲市大曽根浦)/一針入魂、若狭に生きる(福井県美浜町早瀬)/魚や貝湧く天草の海(熊本県苓北町白木尾)/アンマーのまち、糸満で(沖縄県糸満市糸満)

著者情報

川口 祐二
1932年、三重県に生まれる。70年代始め、いち早く、漁村から合成洗剤をなくすことを提唱。そのさきがけとなって実践運動を展開。88年11月、岩波新書別冊『私の昭和史』に採られた「渚の五十五年」が反響を呼ぶ。日本の漁村を歩き、特に女性の戦前、戦中の暮らしを記録する仕事を続けている。同時に沿岸漁場の環境問題を中心にエッセイを執筆。現在、NHK農林水産通信員、環境省委嘱自然公園指導員、海の博物館(鳥羽市)評議員。1983年度三重県文化奨励賞(文学部門)受賞。1994年度労働者文学賞受賞。1994年度「三重県の漁業地域における合成洗剤対策について」により三上賞受賞。2001年7月、(財)田尻宗昭記念基金より第10回田尻賞を受賞。2002年2月、(財)三銀ふるさと文化財団より「三銀ふるさと三重文化賞」を人文部門で受賞

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


有斐閣判例六法Professional 平成29年版 2巻セット

山下友信(ほか編集)


ランキング一覧へ