pagetop

本 ジョルジュ・サンドの世界 生誕二百年記念出版 十九世紀フランス女性作家

ほしい!に追加 twitter
本-ジョルジュ・サンドの世界 生誕二百年記念出版 十九世紀フランス女性作家
著者: 日本ジョルジュ・サンド研究会 (著)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 第三書房
シリーズ名 十九世紀フランス女性作家
発行年月 2003年 06月
ISBNコード 9784808606107
版型 --
ページ数 398,24P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

日本ジョルジュ・サンド研究会 OFF

内容紹介

本書はフランス十九世紀文学を代表するジョルジュ・サンドの生誕二百年を記念して企画されたものである。
第一部は初期の代表作『アンディヤナ』と『レリヤ』を中心に扱う。
これらは若き日のサンドがペン一本で流行作家となるための苦闘の跡がにじみ出た作品である。
第二部では円熟期の作品をおもに扱い、サンド文学の真髄に触れる。
第三部は長い作家生活の最後の時期にサンドがいかなる夢を描いたかを見る。
最後にサンドの作品群という広大な世界を探索するにあたってこれまでと切り口を変え、「語り手」の問題を考察する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ジョルジュ・サンドの生涯と作品/第1部 女性作家のエクリチュールの戦略(『アンディヤナ』の戦略―流行作家への道/『レリヤ』改訂の意図を考える)/第2部 芸術、そして社会へのまなざし(ジョルジュ・サンドの小説における芸術家像/田園小説四部作に見る、パリと地方と理想郷 ほか)/第3部 未来への夢―晩年のサンド(『マドモワゼル・メルケム』に見る理想の女性像―三十五年後のサンド流ユートピア/ジョルジュ・サンドと犬―『アンディヤナ』から『犬と聖なる花』まで)/第4部 ジョルジュ・サンドの物語世界における「語り手」の意匠―特別研究(女性作者の内在的創造戦略と「語り」の手法―『アンディヤナ』 謎の「語り手」と「私」(je)/多声的物語世界と「語り」のパラダイム―『レリヤ』から『モープラ』へ ほか)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


最後の秘境東京藝大 天才たちのカオスな日常

二宮敦人(著)


掟上今日子の旅行記

西尾維新(著)


ランキング一覧へ