pagetop

本 全泰壱評伝

ほしい!に追加 twitter
本-全泰壱評伝
著者: 趙英来 (著)
大塚厚子 (訳)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 柘植書房新社
発行年月 2003年 11月
ISBNコード 9784806804994
版型 --
ページ数 267P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

趙英来 OFF
大塚厚子 OFF

内容紹介

「僕の死を無駄にするな」―と叫びながら、抗議の焼身自殺を遂げた泰壱。
鮮烈な生涯とその思想は、独裁政権下にあっても人々に語り継がれた。
11月13日、彼の命日は、いまなお韓国労働者にとって大切な日である。
完全邦訳版。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 幼年時代(社会のどん底で/家出、労働、放浪 ほか)/第2部 平和市場のなかで(「道端の天使」から平和市場の労働者へ/労働地獄1/中二階での一日 ほか)/第3部 「馬鹿の会」の組織(労働基準法の発見/裁断師の友人たち ほか)/第4部 全泰壱の思想(底辺の労働現場で見たこと/元燮への手紙 ほか)/第5部 闘争と死(三棟親睦会/平和市場被服製品従業員の労働改善陳情書 ほか)

著者情報

大塚 厚子
慶応義塾大学外国語学校朝鮮語科卒業、静岡県磐田市在住
趙 英来
1947年大邱生まれ。ソウル大学法学部在学中に日韓会談反対、三星財閥密輸糾弾、6・7不正選挙糾弾、三選改憲反対、公明選挙争取闘争などの学生運動を主導した。ソウル大学法学部卒業後、司法試験を準備中に全泰壱氏焼身抗議事件に直面し、その後全泰壱精神の継承に力を注いだ。1971年、いわゆる「ソウル大学学生内乱陰謀事件」をデッチ挙げられ、拘束された。1年半の刑務所生活を送り、その後も民青学連事件で指名手配され、6年間の逃亡生活を送った。1980年、指名手配解除により復権し、1983年には弁護士業を開業した。1990年12月、肺ガンで他界するまで、人権弁護と民主化運動に尽力した。ハンギョレ新聞論説委員、東亜日報客員編集委員を歴任した。死後、『真実を永遠に監獄に隠すことはできない』『趙英来弁論選集』などが刊行された

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ