pagetop

本 大量監視(マス・サーベイランス)社会 誰が情報を司るのか

ほしい!に追加 twitter
本-大量監視(マス・サーベイランス)社会 誰が情報を司るのか
著者: 山本節子 (著)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 築地書館
発行年月 2008年 04月
ISBNコード 9784806713616
版型 --
ページ数 243P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山本節子 OFF

内容紹介

海外からの入国者に、指紋、顔写真を撮る日本、アメリカ。
アメリカの空港で犯罪者扱いされてイヤな気持ちになった人は多い。
しかし、あなたの指紋と顔写真データがどこで管理、分析、利用されているかは、ブラックボックスである。
コーポレートクラシー、スーパーキャピタリズムが進展する中で、行政、企業は、個人の情報をどのように、登録、認証、監視、分析しているのか。
間違った情報入力によって個人が社会的不公正をこうむらない術はあるのか。
異常さが突出する日本とアメリカの「マス・サーベイランス(大量監視)社会」の現状と、その暴走が何を引き起こすのかを大量の資料解析から冷静に分析。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 認証(人体を発信器にする/獣の印―トレーサビリティ ほか)/第2章 インフラ(監視インフラ、ハードとソフト/ETCがスパイする個人情報 ほか)/第3章 監視(変化した監視の「方向」/TIA、全国民のデータベース計画―2002年 ほか)/第4章 登録(日本の改正入管法/アクセンチュアとUS‐VISIT ほか)/第5章 切断(IBMのユダヤ人登録/ネットと冤罪 ほか)

著者情報

山本 節子
1948年生まれ。行政ウオッチャー、調査報道ジャーナリスト。立命館大学文学部英米文学科卒業。実際の環境保護活動をベースに、公共事業や環境問題の実態を取材し、政策を変える努力を続けている。2003年春には、迫るイラク戦争と中央集権化に歯止めをかけようと、神奈川県知事選に出馬。落選したものの、わずか2週間の選挙運動で9万票余を獲得するという「快挙」をなしとげた。現在、南京大学史学科修士課程で、中国近・現代史を学んでいる。鎌倉市在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ