pagetop

本 SUV(スポーツユーティリティビークル)が世界を轢きつぶす 世界一危険なクルマが売れるわけ

ほしい!に追加 twitter
本-SUV(スポーツユーティリティビークル)が世界を轢きつぶす 世界一危険なクルマが売れるわけ
著者: キース・ブラッドシャー (著)
片岡夏実 (訳)
定価 ¥3,456(税込)
BOOKFANポイント: 160 pt
or
Tポイント: 96 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 築地書館
発行年月 2004年 03月
ISBNコード 9784806712800
版型 --
ページ数 470P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

キース・ブラッドシャー OFF
片岡夏実 OFF

内容紹介

自動車メーカーはSUVの最悪の経歴を消費者には知らせたがらない。
メーカーの利益の大半は、こうした巨大な車を売ることで得られ―乗用車については何とか収支が合う程度である―100億ドル以上をメーカーは広告、ロビイング、メディアの取り込みに使って、悪いニュースを糊塗、隠蔽しているのだ。
ラルフ・ネーダーが1965年に世界最大の自動車メーカーを告発して、米国で消費者運動を根づかせた『いかなるスピードでも安全ではない』を思い起こさせる本書は、認識しようとしまいと私たち全員を危険にさらす産業を痛烈に告発するものである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 SUVの誕生(SUV前史/死体再生 ほか)/2 SUVの暗部(四駆安全神話/横転 ほか)/3 SUVが世界を轢きつぶす(次世代のSUVドライバー/多目的クロスオーバー車 ほか)/4 終章(SUV:13の神話と現実/自動車の分類一覧と初期オフロード車の歴史 ほか)

著者情報

キース・ブラッドシャー
1996年から2001年まで『ニューヨーク・タイムズ』デトロイト支局長を務める。この間、ジョージ・ポーク賞を受賞し、ピュリッツァー賞の最終候補者となる。ノースカロライナ大学およびプリンストン大学を卒業後、1989年より『ニューヨーク・タイムズ』記者として活躍。現在は同紙香港支局長をつとめる。『SUVが世界を轢きつぶす―世界一危険なクルマが売れるわけ』は、ハードカバー版が2002年に刊行され、数々の賞を受賞
片岡 夏実
1964年神奈川県生まれ

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ