pagetop

本 バイオマス産業社会 「生物資源(バイオマス)」利用の基礎知識

ほしい!に追加 twitter
本-バイオマス産業社会 「生物資源(バイオマス)」利用の基礎知識
著者: 原後雄太 (著)
泊みゆき (著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 築地書館
発行年月 2002年 11月
ISBNコード 9784806712480
版型 --
ページ数 301P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

原後雄太 OFF
泊みゆき OFF

内容紹介

これまでの公共事業に変わる農林産地の活性化・雇用創出と、国内で生産できる再生可能なエネルギー資源として期待されるバイオマス(生物資源)。
農作物からつくる燃料からベンツ車の内装材まで、国内外のバイオマスエネルギー開発、バイオマス製品開発の最前線を取材した「バイオマス」利用についての包括的なガイドブック。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1章 「バイオマス」の意味と価値/2章 木質バイオマスを活用する/3章 農業残滓や農作物から液体燃料をつくる/4章 廃棄物は貴重なバイオマス資源/5章 南の国のバイオマス利用/6章 自動車業界の植物繊維利用、「畑で採れるメルセデス・ベンツ」の進展/7章 素材としてのバイオマス利用/8章 森林などの「原産地」の管理費用をどう調達するか/9章 アグロフォレストリーにみる「バイオマス製品」と多様性の原則/終章 バイオマス産業社会とは何か

著者情報

原後 雄太
1958年東京都杉並区に生まれる。東京大学法学部卒業。J・Pモルガン資金部マクロ経済アナリスト、世界自然保護基金(WWF)インターナショナル熱帯林保護担当官、米国フォード財団環境部、日本・ブラジルネットワーク(JBN)代表などを経て、現在、明治学院大学経済学部助教授(専門は森林政策・社会開発・環境政策・資源管理)。バイオマス産業社会ネットワーク共同代表
泊 みゆき
京都府峰山町に生まれる。日本大学国際関係学部、同大学院国際関係研究科修了。1989年より(株)富士総合研究所にて、地球環境問題や企業の環境対策についてのリサーチに携わる(2001年に退職)。1999年、バイオマス利用に関心をもつ関係者とともにバイオマス産業社会ネットワークを設立、以後、原後雄太とともに共同代表を務める

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ