pagetop

本 食品不信社会 なぜ企業はリスクコミュニケーションに失敗するのか

ほしい!に追加 twitter
本-食品不信社会 なぜ企業はリスクコミュニケーションに失敗するのか
著者: 今村知明 (編著)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 中央法規出版
発行年月 2008年 11月
ISBNコード 9784805848401
版型 --
ページ数 228P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

今村知明 OFF

内容紹介

頻発する食品をめぐる事件・事故、企業の不祥事。
企業・行政・マスメディアに求められるリスクコミュニケーションとは何か。
賢い消費者となるためには、何を見極めればよいのか―。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 なぜ食品への不安感はなくならないのか/第2章 最近の事件からみる食品への不安拡大とリスクコミュニケーション/第3章 そのとき、何が起きたのか?/第4章 リスクという名の「ゴースト」を知る/第5章 リスクコミュニケーションで失敗しないためのマネジメント―見えざる「ゴースト」と向かいあう/第6章 質の高いリスクコミュニケーションの構築

著者情報

今村 知明
1988年関西医科大学を卒業。1993年東京大学医学系大学院にて医療情報学分野の研究によって博士号を授与される。同年厚生省に入省。厚生省統計情報部で医療関係の調査を実施公表。1994年文部省体育局学校健康教育課にて学校保健関連の行政に従事(O157事件などを担当)。1996年厚生省保健医療局エイズ結核感染症課にて感染症行政に従事(薬害エイズを担当)。1997年佐世保市保健福祉部長、同保健所長として地域保健、介護保険行政に従事。2000年厚生労働省医薬局食品保健部にて食品保健行政に従事(BSE事件、雪印事件を担当)。2003年東京大学医学部附属病院企画室長、同助教授(東大病院の経営を担当)。2004年同企画経営部長。2007年奈良県立医科大学健康政策医学講座教授。現在、奈良県立医科大学で食品保健、健康危機管理、健康政策、公衆衛生、医療政策、医療経営、医療経済の研究を行っている。また、日本生協連・冷凍ギョーザ問題検証委員会委員を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング