pagetop

本 精神科ソーシャルワーカーの実践とかかわり 御万人の幸せを願って

ほしい!に追加 twitter
本-精神科ソーシャルワーカーの実践とかかわり 御万人の幸せを願って
著者: 名城健二 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 中央法規出版
発行年月 2007年 05月
ISBNコード 9784805828762
版型 --
ページ数 192P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

名城健二 OFF

目次

障害を抱え、つらさを抱えながら生きるとは―当事者に教えてもらったこと/PSWの「思い」が先行したかかわりの結末―一人の当事者の死を通して/かかわるなかで見えてきたかかわり方―ソーシャルワーカーの専門性とは/酒を飲んで死ねるなら本望だ―それでも酒はやめられなかった/私何もわからない―認知症の母とその息子/一人で生き、一人で亡くなることに寄り添うとは―ソーシャルワーカーとしてできることは/生きる意欲を失うなかで―自殺未遂を繰り返す意味は/病院を逃げ出した少年―おとなしい顔の裏に隠された真意/ひとり暮らしの寂しさのなかで―PSWとしてどこまでかかわれるのか/暴力と薬物に頼る生活から―ストレスの発散/一人では何もできない―依存することで成り立ってきた生活

著者情報

名城 健二
精神保健福祉士、介護支援専門員、日本精神保健福祉士協会認定スーパーバイザー。1969年沖縄県今帰仁村生まれ。1993年日本福祉大学社会福祉学部卒業。大学卒業後は、地元の今帰仁村社会福祉協議会にて勤務。そのなかで、地域における精神障害者支援の重要性を感じ、1995年から精神科病院(医療法人卯の会新垣病院)でソーシャルワーカーとして勤務する。男子の閉鎖・開放病棟、認知症病棟、急性期治療病棟、グループホームなどの担当や居宅介護支援事業所で介護支援専門員として働く。病院に勤務する傍ら、講演活動や専門学校などで非常勤講師を務める。自らの現場の実践を理論的に整理し、さらに技術を高めたいと考え、2003年沖縄国際大学大学院地域文化研究科人間福祉専攻に進学。2005年修了。現在は、沖縄大学人文学部福祉文化学科専任講師として学生教育や研究のほか、沖縄県精神保健福祉士協会副会長や精神保健参与員としての活動などを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


有斐閣判例六法Professional 平成29年版 2巻セット

山下友信(ほか編集)


ランキング一覧へ