pagetop

本 メキシコ革命とカトリック教会 近代国家形成過程における国家と宗教の対立と宥和

ほしい!に追加 twitter
本-メキシコ革命とカトリック教会 近代国家形成過程における国家と宗教の対立と宥和
著者: 国本伊代 (著)
定価 ¥5,076(税込)
BOOKFANポイント: 235 pt
or
Tポイント: 141 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 中央大学出版部
発行年月 2009年 03月
ISBNコード 9784805741443
版型 --
ページ数 426P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

国本伊代 OFF

内容紹介

1910年に勃発したメキシコ革命が約30年に及ぶ改革政策の遂行の過程で実施した農地改革をはじめとする根本的な社会・経済改革と並行して進めた「国家による宗教団体(カトリック教会)の管理体制」の確立過程と、その管理体制が1992年の憲法改変によって大きく変更されるにいたる経緯を考察する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

メキシコ革命とカトリック教会―研究テーマの設定と展開についてのメモ/第1部 革命以前の政教関係(メキシコ建国期(1810‐1854年)における国家とカトリック教会/レフォルマ革命(1854‐1876年)とカトリック教会/ディアス時代(1876‐1911年)とカトリック教会)/第2部 革命期の政教関係(革命勃発とカトリック教会/内戦期のカトリック教会/メキシコ革命憲法制定議会と代議員―代議員の選出と制憲議会の特徴/1917年革命憲法の反教権主義条項とその審議過程)/第3部 対決から協調へ(国家と教会の対決から協調への20年(1920‐1940年)/「非公式の協調時代」と1979年のローマ教皇のメキシコ訪問/サリナス政権による1992年の憲法改変とカトリック教会)/現代メキシコ社会とカトリック教会―1990年代のアンケート調査が描くメキシコ人と宗教/資料

著者情報

国本 伊代
1965年3月東京外国語大学スペイン語科卒業(文学士)。1967年3月東京大学大学院社会科学研究科国際関係論専攻修士課程修了(国際学修士)。1975年1月テキサス大学大学院史学科博士課程修了(Ph.D.歴史学博士)。1975年3月東京大学大学院社会科学研究科国際関係論専攻博士課程退学。1978年4月中央大学商学部専任講師、助教授(1980年4月)、教授(1986年4月)。1998年6月日本ラテンアメリカ学会理事長(至2000年5月)。2008年2月博士(学術)(東京大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


マインドフルネス瞑想入門 1日10分で自分を浄化する方法

吉田昌生(著)


ランキング一覧へ