pagetop

本 仏教説話画の構造と機能 此岸と彼岸のイコノロジー

ほしい!に追加 twitter
本-仏教説話画の構造と機能 此岸と彼岸のイコノロジー
著者: 加須屋誠 (著)
定価 ¥12,960(税込)
BOOKFANポイント: 600 pt
or
Tポイント: 360 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 中央公論美術出版
発行年月 2003年 02月
ISBNコード 9784805504321
版型 --
ページ数 438P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

加須屋誠 OFF

内容紹介

人は死の問題に無関心ではいられない。
言うまでもなく、それは人は必ず死すべき運命の者であるからにほかならない。
しかも、死は普遍的な生理学上の問題であるばかりではなく、時代や地域によって関心の在り方が相違する文化的な問題でもあるに違いない。
本書は、わが国古代中世期を生きた人々がいかにこの問いに思いを巡らしたか―他者の死を哀しみ悼み、また、自己の死を畏れつつも受容したのか―を考察する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 他界・交通・美術史/第1章 二河白道図試論―その教理的背景と図様構成の問題/第2章 愛知県津島市個人蔵「二河白道図」について/第3章 生老病死の図像学―仏教説話画研究序説/第4章 聖衆来迎寺本六道絵「人道不浄相図」考/第5章 病草紙研究―「美術史」と「他者」/第6章 「鼻黒の男」とは誰か?―病草紙の世界観/第7章 金戒光明寺所蔵地獄極楽図屏風試論―その図様構成と主題の問題/第8章 臨終行儀の美術―儀礼・身体・物語

著者情報

加須屋 誠
1960年東京都に生まれる。1984年京都大学文学部哲学科卒業。1990年京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。1990年日本学術振興会特別研究員。1991年京都大学文学部哲学科美学美術史専攻第一講座助手。1992年帝塚山学院大学文学部専任講師、同助教授を経て、2000年奈良女子大学文学部助教授、現在に至る

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ