pagetop

本 今日における警察行政法の基本的な考え方

ほしい!に追加 twitter
本-今日における警察行政法の基本的な考え方
著者: 田村正博 (著)
定価 ¥1,131(税込)
BOOKFANポイント: 52 pt
or
Tポイント: 31 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 立花書房
発行年月 2007年 04月
ISBNコード 9784803722222
版型 --
ページ数 138P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

田村正博 OFF

内容紹介

「今日における」警察行政法の基本的な考え方を改めて解説。
警察の基本が何か、警察の権限濫用がいけないとされるのはなぜかといったところから、解説をしている。
あわせて、個人情報の保護や警察改革といった新たなテーマも取り上げた。
警察行政法に関する過去の考え方や詳しい判例の内容などは注で補足的に説明している。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 警察官の権限行使の在り方(警察は何のためにあるのか/なぜ警察官の権限濫用の禁止が強調されるのか/警察官の権限不行使が問題となるのはなぜか/法律に規定のない場合にどこまでのことができるのか/警察の活動上の原理は何か/警察は、国民・住民の統制をどうやって受けるのか)/第2部 近年のテーマ(「民事不介入の原則」はなぜ誤りなのか/個人情報保護は警察行政においてどのような意味を持つのか/被害者対策の意義はどこにあるのか/警察改革の本質は何か)

著者情報

田村 正博
京都大学法学部卒。昭和52年警察庁入庁、徳島県警・京都府警捜査第二課長、警察庁刑事企画課課長補佐、内閣法制局第一部参事官補(警察庁企画課付)、警察庁国際刑事課理事官、警察庁給与厚生課理事官、警視庁公安総務課長、警察大学校保安教養部長、警察庁総務課企画官、秋田県警察本部長、警察庁運転免許課長、内閣参事官、警察大学校特別捜査幹部研修所長等を経て平成19年1月から警察大学校警察政策センター所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング