pagetop

本 貴の乱 日馬富士暴行事件の真相と日本相撲協会の「権力闘争」

ほしい!に追加 twitter
本-貴の乱 日馬富士暴行事件の真相と日本相撲協会の「権力闘争」
著者: 鵜飼克郎 (著)
岡田晃房 (著)
別冊宝島特別取材班 (著)
定価 ¥1,490(税込)
BOOKFANポイント: 13 pt
or
Tポイント: 13 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
宝島社
発行年月
2018年 03月
ISBNコード
9784800281029
版型
--
ページ数
255P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

鵜飼克郎 OFF
岡田晃房 OFF
別冊宝島特別取材班 OFF

内容紹介

いまは亡き北の湖親方(2015年に死去)が、相撲協会理事長の座に返り咲いたのは2012年初頭のことだった。
この直後から、協会内部では北の湖理事長を操る「黒幕」が跋扈するようになり、カネと利権をめぐり、土俵外で親方衆が凄まじき権力闘争を繰り広げるようになった。
一見、人気が回復しているかのように見えていた相撲界は、実のところ、腐敗した伏魔殿と化していたのである。
この腐敗の元凶とも言える人物が、本書で詳述する元相撲協会顧問の小林慶彦氏である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 「裏金顧問」小林慶彦氏をめぐり土俵外のガチンコ対決 貴乃花vs八角理事長「因縁の原点」「密室の120分」議事録スッパ抜き!/2 「パチンコ裏金」「国技館改修利権」の内幕 「小林慶彦顧問」の知られざるルーツと裁判で分かった「裏金問題」の全真相/3 「USB差し込み事件」で修羅場が発生!貴乃花親方と親密な“お局職員”と相撲協会の知られざる「退職金訴訟」/4 わずか2票で落選―深刻な求心力低下 ドキュメント「2・2理事選」貴乃花「玉砕落選」の全内幕/5 相撲協会「一括管理」のルールは骨抜きに 「借株」「売買」何でもあり公益財団法人でも進まない「年寄株改革」のお寒い実態/6 日馬富士「暴行事件」をめぐる暗闘 協会調査を否定する「貴乃花文書」と白鵬vs貴乃花の暗闘/7 モンゴル同盟に属さない「ガチンコ力士」も多数存在 貴乃花親方が許せない「モンゴル互助会」の知られざる仕組みと掟/8 「貴乃花潰し」で得する者は誰もいない 角界の未来を暗転させる貴乃花と相撲協会の長く不毛な対立/9 国技に忍び寄る「いまそこにある危機」 最古参記者が語った「貴乃花改革」への疑問と横綱の「あるべき姿」

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ