pagetop

本 混迷する評価の時代 教育評価を根底から問う

ほしい!に追加 twitter
本-混迷する評価の時代 教育評価を根底から問う
著者: 西村和雄 (編)
大森不二雄 (編)
倉元直樹 (編)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
東信堂
シリーズ名
シリーズ日本の教育を問いなおす 2
発行年月
2010年 10月
ISBNコード
9784798900117
版型
--
ページ数
186P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

西村和雄 OFF
大森不二雄 OFF
倉元直樹 OFF

内容紹介

「何のために、何を評価するのか」。
学習成果を測る教育評価の混迷は、子どもや保護者と教師を迷走させる。
公立学校の成績評価が観点別評価(絶対評価)となったため、教師の主観で点数化された内申書が高校入試の合否や子どもの将来を左右する。
評価の公平さへの信頼は揺らぎ、子どもの学習意欲は歪められている。
観点別評価の根本には、知識・技能よりも関心・意欲・態度を重視する「新学力観」がある。
本書は、教育評価の抱える問題を追求し、新学力観の見直しが不可欠であることを主張する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1章 新学力観と観点別評価―いかにして導入されたか/2章 発達心理学から見た望ましいカリキュラムと教育評価/3章 教員評価制度によって「現場は混乱している」のか?―教育改革の社会学・試論:教育改革から教育政策へ/4章 新しい学力観に基づく無試験の大学入学選考制度の興廃―オレゴン州の経験に学ぶ/5章 大学入学者選抜は高大連携活動をどこまで評価すべきか?―「評価尺度の多元化・複数化」がはらむ大学入学者選抜制度の自己矛盾/6章 外国語としての日本語能力測定を支えるテスト理論/7章 項目反応理論による英語能力推移に関する研究の比較/8章 高等教育の質保証の方法論としての教授システム学―IM・ID理論による大学院教育の実質化と学士課程教育の構築

うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ