pagetop

本 本当は謎がない「古代史」

ほしい!に追加 twitter
本-本当は謎がない「古代史」
著者: 八幡和郎 (著)
定価 ¥820(税込)
BOOKFANポイント: 7 pt
or
Tポイント: 7 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
ソフトバンククリエイティブ
シリーズ名
ソフトバンク新書 149
発行年月
2010年 11月
ISBNコード
9784797361247
版型
--
ページ数
287P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

八幡和郎 OFF

内容紹介

日本の古代史ほど奇説・珍説が大手を振ってのさばっている国もない。
有史以降については、『日本書紀』『古事記』に書いてあることを普通に読んで、皇国史観的な見方を排除していけば、おかしなことは書かれていないのだ。
世界各国の歴史を見るのと同じように、自然体で日本の歴史を考察してみると、「謎」といわれていることのほとんどは「謎」ではない。
「古代史の謎」とされるものは本当に「謎」といえるほどのことなのか。
いますべての真実が明らかになる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

プロローグ どうして古代史は“謎だらけ”なのだろうか/第1章 「旧石器捏造事件」と「週替わり世紀の発見」の不思議/第2章 「神武東征」は記紀には書かれていなかった/第3章 畿内勢力が筑紫に初登場したのは邪馬台国が滅びてから/第4章 『魏志倭人伝』を外交文書として読めば真実は明白/第5章 継体天皇が新王朝を創った可能性はない/第6章 中国の混乱と大和朝廷必死の外交戦略/第7章 「聖徳太子架空説」と「天武朝の過大評価」を嗤う/第8章 「唐の落日」とともに「日本の古代」も終わった/エピローグ 古代の終焉から現代人が学ぶべきこと

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

『日本国紀』の副読本 学校が教えない日本史

百田尚樹、有本香


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 14

大森藤ノ(著)


未だ行ならず 上

佐伯泰英(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ