pagetop

本 格差社会の結末 富裕層の傲慢・貧困層の怠慢

ほしい!に追加 twitter
本-格差社会の結末 富裕層の傲慢・貧困層の怠慢
著者: 中野雅至 (著)
定価 ¥820(税込)
BOOKFANポイント: 38 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
SBクリエイティブ
シリーズ名
ソフトバンク新書 017
発行年月
2006年 08月
ISBNコード
9784797336481
版型
--
ページ数
277P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

中野雅至 OFF

内容紹介

「格差」は政策によって生み出された人工的なもの(=政災)か、それともグローバリズムに身を任せた自然な結果(=天災)か。
今後、格差社会が深刻化するにつれ、犯人探しが大きな論点になってくる。
格差が容認される社会から一転、多くの国民が格差に憤りを感じる日は訪れるのか?異色の元キャリア官僚による近未来社会のシミュレーションで、日本の将来像が浮き彫りになる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 格差社会は「政災」か、それとも「天災」か/第2章 本当に小泉政権は格差拡大の真犯人なのか/第3章 「格差容認」から「格差への怒り」に変わるXデーの条件とは/第4章 富裕層は追いつめられるのか―「小さな政府路線」の持続性/第5章 格差社会への対応としてどのような政策が実行されるのか/第6章 「経済の法則」と「社会の法則」の切り分けを―日本社会に信頼関係を再び

著者情報

中野 雅至
1964年奈良県大和郡山市生まれ。88年同志社大学文学部英文学科卒。89年大和郡山市役所入所。在職中に国家1種行政職試験合格、90年旧労働省入省。The School of Public Policy,The University of Michigan留学、厚生労働省大臣官房国際課課長補佐(ILO条約担当)を経て、公募により兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科助教授に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

虚ろな十字架

東野圭吾(著)


アキラとあきら

池井戸潤(著)


あなたの人生の物語

テッド・チャン(著)


ランキング一覧へ