pagetop

本 桜の来た道 ネパールの桜と日本の桜

ほしい!に追加 twitter
本-桜の来た道 ネパールの桜と日本の桜
著者: 染郷正孝 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 信山社
発行年月 2000年 03月
ISBNコード 9784797217049
版型 --
ページ数 224,5P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

染郷正孝 OFF

内容紹介

外国人には、日本を「桜の国」と呼ぶ人々がいますが桜は日本を印象づける代表的な花です。
桜は、日本の文化を育み、人々の生活と密接な関係にありました。
桜前線と言う言葉があるように、沖縄から北海道まで植栽された桜は、日本全国に春をつげます。
野生の桜はさまざまな花を楽しませてくれます。
桜の木は家具、食材などにも用いられています。
また、私たちは桜と言えば花見を思い浮べます。
花の下で宴をはる花見の文化は外国には見られません。
この花見はいつごろからはじまったものでしょうか。
桜のルーツはネパールにあると言われています。
花見もネパールから来たものでしょうか?この謎に迫るために平成11年7月から平成12年4月まで東京農業大学短期大学部教授・染郷正孝が永年の研究成果を、農業資料室においてそのルーツに迫る展示「桜の来た道」として開催し、先生の考えをわかりやすくまとめました。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1章 サクラの来た道―サクラは本来秋に咲いた/2章 ヒマラヤザクラを求めネパールへ/3章 歴史の中のサクラ/4章 樹木学としての桜/5章 桜の名所を科学する/6章 桜を守る

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング