pagetop

本 テレビジョン・クライシス 視聴率・デジタル化・公共圏

ほしい!に追加 twitter
本-テレビジョン・クライシス 視聴率・デジタル化・公共圏
著者: 水島久光 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 せりか書房
発行年月 2008年 05月
ISBNコード 9784796702829
版型 --
ページ数 287P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

水島久光 OFF

内容紹介

「テレビジョンは死なない」―「われわれ」のメディアに向けた再生のシナリオ。
ここ数年でテレビの社会的ポジションは明らかに変わった。
不祥事、不信、テレビ離れ。
融合の名のもとに放送を呑み込もうと虎視眈々の通信事業者。
しかしそもそもメディアはこのようなパワーゲーム的文脈で語られるだけでいいのだろうか。
本書は、過去5年間に起こったテレビ事件簿と実施された調査結果を読みなおすことから、社会システムとしてのメディアを“リ・デザイン”する視座を提案する。
それは私たち自身とその情報環境との関係を“コンタクト”(接触)の次元から問い直す、根源的かつ実践的なアプローチである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 メディア・コンタクトとは何か/第1章 テレビを見ることをめぐる諸問題―視聴行動と社会規則(視聴率データは、なにを教えてくれるのか/メディア・コンタクトと揺らぐ行動規範)/第2章 デジタル化するメディア・コンタクト(テレビとインターネットの本当の関係/テクノロジーと環境認識)/第3章 新しく公共圏をデザインする(放送の公共性とは何か/新しい公共圏にむけて)

著者情報

水島 久光
1961年、東京生まれ。広告会社、インターネット企業に2001年まで勤務。2003年、東京大学大学院情報学環・学際情報学府修士課程修了。現在、東海大学文学部広報メディア学科教授。メディア論、現代思想、情報記号論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ