pagetop

本 現代日本のタブー 消された「真相」を追う

ほしい!に追加 twitter
本-現代日本のタブー 消された「真相」を追う
著者: 別冊宝島編集部 (編)
定価 ¥575(税込)
BOOKFANポイント: 26 pt
or
Tポイント: 15 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 宝島社
シリーズ名 宝島SUGOI文庫 Aへ-1-93
発行年月 2009年 02月
ISBNコード 9784796668033
版型 --
ページ数 253P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

別冊宝島編集部 OFF

内容紹介

世に言われる日本の言論タブー、たとえば皇室、芸能界、ヤクザ、在日といったそれぞれのテーマは、暴力や経済的制裁を恐れるメディアの自主規制によって生じ、そこから「真実は別のところにある」という日本独特の二重構造が醸成されてきた。
「消された真相」なるものがあるとすれば、その理由にこそ、人間の真実があるのだ―。
本書では、さまざまな理由によって黙殺されている「現代日本のタブー」に切り込む。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1章 禁忌(皇室―「右翼」より右翼的だった日本のメディア 出版社社長が語った『プリンセス・マサコ』出版騒動と「広告拒否リスト」/実名報道―小学校女性教諭殺害事件の波紋 新聞・テレビが報道しない26年前の殺人を問われた足立区「時効男」の正体/死刑―「大死刑時代」に隠された塀の中の現実 未曾有の「執行ラッシュ」の一方で法務省が黙殺する幽閉30年超「塩漬け死刑囚」リスト ほか)/2章 深層(プロ野球―報道されない「ミスタープロ野球」の実像 いまなお球界最大のタブー「長嶋家報道」を潰す“人と組織”/五輪―北京五輪最大のタブー「JOC利権」 「メダルは取れない」との声が五輪前からささやかれた卓球「福原愛」の本当の「実力」/在日―あの大晦日「ヌルヌル事件」から1年半後 日本では報道されない「反則格闘家」秋山成勲の韓国での「英雄人気」 ほか)/3章 内幕(原油ビジネス―「石油ブローカー」泉井純一が見たロシアの深い闇 「ナニワのタニマチ」泉井純一が衝撃の告白!「プーチンが私に持ちかけた85億円の石油ビジネス」/消費者金融―グレーゾーン金利撤廃の修羅 「くぅ~ちゃん死亡説」も流された「盛者必衰」を地で行くアイフル「経営危機説」の発信源/インサイダー―あまりに杜撰だった「社内規定」 「NHK記者解雇事件」に見る大手マスコミ記者を取り巻く「インサイダー情報」の誘惑 ほか)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ