pagetop

本 日本タブー事件史

ほしい!に追加 twitter
本-日本タブー事件史
著者: 別冊宝島編集部 (編)
定価 ¥699(税込)
BOOKFANポイント: 32 pt
or
Tポイント: 19 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 宝島社
シリーズ名 宝島社文庫
発行年月 2005年 12月
ISBNコード 9784796650472
版型 --
ページ数 287P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

別冊宝島編集部 OFF

内容紹介

現在の日本は、一見大抵の「言葉」も「行為」も風通しよく流れ、自由が満ち満ちているように思える。
しかし、実のとこと、“禁断の領域”への重い扉は、そこかしこにある。
しかし、テレビ、新聞などの大メディアは、巧妙にその扉が見えないよう報道する。
なぜか。
それは、自らを、そして自らの係累を利するためという動機ほかならない。
この本ではそんな重い扉の向こう側を多種多様な方面から用意した。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 触れがたき人々(皇室―英タイムズ紙の雅子妃「うつ病」報道 「なぜ議論しようとしないのか」外国人特派員記者が見た皇室報道の問題点/在日―新井将敬議員が首吊り自殺 「日本人より日本人」在日コリアン・新井将敬「自決」の背景にあったもの ほか)/2章 禁断の団体(武富士―武井前武富士会長が逮捕 「カネですべてを解決する!!」武井前会長が判決までに企てた裏工作のすべて/ユダヤ―『マルコポーロ』廃刊事件 社長は辞任、名物編集長は解任!!文藝春秋社が屈した「ユダヤタブー」とは何だったのか ほか)/3章 硬直化する組織(テレビ―日テレ視聴率買収事件 消えない組織的犯罪説!!スクープ記者が見た日テレの「視聴率至上主義」/出版―フリーライター殺人事件 アングラ界の犯人が激怒!!殺されたフリーライターが書いた「ヤバイ記事」 ほか)/4章 謎の事件群(未解決事件―世田谷一家惨殺事件 男2人のイラストの意味は?世田谷一家惨殺事件犯人の影は見えているのか/冤罪疑惑―東電OL殺人事件 「無期懲役」確定のネパール人は本当に犯人か?根強く残る冤罪説を徹底検証する ほか)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ