pagetop

本 「捨てる!」技術

ほしい!に追加 twitter
本-「捨てる!」技術
著者: 辰巳渚 (著)
定価 ¥756(税込)
BOOKFANポイント: 35 pt
or
Tポイント: 21 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
宝島社
シリーズ名
宝島社新書
発行年月
2005年 12月
ISBNコード
9784796650304
版型
--
ページ数
230P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

辰巳渚 OFF

内容紹介

収納法・整理法で解決できない悩みを、いっきに解消!あふれたモノをスッキリさせる、本当に豊かな快適生活の20か条。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 “捨てられない”のは何?そしてなぜ?/第1章 これであなたも捨てられる 捨てるための考え方10か条(“とりあえずとっておく”は禁句/“仮に”はだめ、“今”決める/“いつか”なんてこない/他人の“とっても便利”は、私の“じゃま”/“聖域”を作らない ほか)/第2章 さあ捨てよう!テクニック10か条(見ないで捨てる/その場で捨てる/一定量を超えたら捨てる/一定期間を過ぎたら捨てる/定期的に捨てる ほか)/第3章 より気持ちよく“捨てる”ための捨て方

著者情報

辰巳 渚
1965年生まれ。消費行動研究家。2000年に刊行した『「捨てる!」技術』で物あまりの時代の新しい生活哲学を提唱。以後、楽しく豊かに暮らす方法について提言を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: マーブル 投稿日:2010/08/20

「シンプルな生活」「ものを片…

「シンプルな生活」「ものを片付ける方法」などこの手のカテゴリの本は好きであれこれ読んでいるのだが、こういう本が次々と出てきている状況を考えると、きっとそれらを読んでも身の回りはすっきり片付いたりはしてないんだろうな、と思ってしまう。

このところ読んでいるこの手の本の共通項として、整理法・収納法に頼らずに、必要以上の物は処分してしまう、というのがある。
私自身が、整理法には限界を感じていることと、年齢が上がって来た現実から、そんなに使い切ることなんて無理だろう、という思いがあるために、自然にその方向に選択が向かっているのかもしれない。

表題にあるように「捨てる!」ことを奨励している本書だが、そのぐらい思い切って言った方が、とにかく貯め込む性分の読者にはインパクトがあるのだろう。たくさんの「捨てちゃえば?」と思われる具体的事例が出てくるので、それを読んで一つでも「こういうことあるよ」と思えれば、そこだけでも捨てたらいいと思う。
一度に片付けるのは無理。やれるところから。

我が家でも、本書を読みながら、多少貯め込んでいた物が処分できました。そんな重い腰を上げるきっかけにはなる本です。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

アキラとあきら

池井戸潤(著)


虚ろな十字架

東野圭吾(著)


儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

ケント・ギルバート(著)


ランキング一覧へ