pagetop

本 スペイン内戦 革命と反革命 下

ほしい!に追加 twitter
本-スペイン内戦 革命と反革命 下
著者: バーネット・ボロテン (著)
渡利三郎 (訳)
定価 ¥11,880(税込)
BOOKFANポイント: 550 pt
or
Tポイント: 330 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 晶文社
発行年月 2008年 04月
ISBNコード 9784794967190
版型 --
ページ数 --
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

スペイン内戦 革命と反革命 OFF
バーネット・ボロテン OFF
渡利三郎 OFF

内容紹介

スペイン内戦とは民主主義とファシズムの戦いだったのか?歴史の転回点となったこの戦争はいまだ多くの神話につつまれている。
1936年、フランコ将軍の反乱勃発と時を同じくして、工場労働者や農民による大規模な革命がスペイン各地で爆発した。
しかし、この革命は、ヒトラーの支援する反乱軍にたいして、英仏両国の共和派支援をひきだそうと画策するスターリンによって、徹底的に隠蔽される運命にあった。
当時の新聞記事、内部文書、関係者の証言など厖大な量の資料を分析、その勃発から終結まで、かつてない深みとスケールをもってスペイン内戦の全体像を描きだす。
第二次世界大戦前夜の複雑怪奇をきわめるヨーロッパ情勢を背景に、ドイツ、ソ連、イギリス、フランス、イタリアなど列強の謀略と策動を白日のもとにさらし、それらに翻弄され、歴史の闇に葬られた内戦の真実の姿を明らかにした記念碑的な著作である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第5編 共産党の勝利(共産党の社会党穏健派への接近/カタルニャ・国軍反乱と社会革命 ほか)/第6編 革命の後退(ネグリン政権と無政府主義運動の対応/PSUC、カタルニャ支配権をCNT・FAIから奪取 ほか)/第7編 ラルゴ・カバリェロとインダレシオ・プリエトの敗退(インダレシオ・プリエト、共産党と対決/共産党のCNTへの接近 ほか)/第8編 共産党勢力の絶頂期(第二次ネグリン内閣。共産党の軍支配/共産党による保安機関の支配 ほか)/第9編 不信・分裂・惨禍の拡大。共産党の党勢低下(内部対立の激化/何のために人民は戦っているのか? ほか)/第10編 抵抗政策の終わり(ネグリンの中・南部への帰還/セヒスムンド・カサド、シプリアノ・メラと無政府主義派 ほか)

著者情報

渡利 三郎
1949年、函館生まれ。早稲田大学第一文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


有斐閣判例六法Professional 平成29年版 2巻セット

山下友信(ほか編集)


ランキング一覧へ