pagetop

本 人を信じるということ

ほしい!に追加 twitter
本-人を信じるということ
著者: 島田裕巳 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 晶文社
発行年月 2004年 09月
ISBNコード 9784794966339
版型 --
ページ数 244P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

島田裕巳 OFF

内容紹介

日本の文化の中で「人を信じるということ」はどのように位置づけられてきたのか。
歌舞伎の「勧進帳」にみる「ゆだねる」関係、日常生活に根ずく「おまかせ」のシステム。
その「人を信じる」仕組みは、村社会という共同体の原理を基盤に形作られてきた。
ところが、近代化にともない、人々は共同体から切り離され、「信じること」は容易でなくなってしまった。
漱石が『こころ』で描いた裏切りの悲劇。
「空」と「無」に救いを見いだす知識人、新興宗教に絆を求める人々。
今、若者たちは共同体を拒否しながら、居場所を求めて漂い続ける。
もう一度、「人を信じるということ」を取り戻すためには、何が必要なのか。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 信じるということの二つの意味/第1章 歌舞伎「勧進帳」の信頼の構造/第2章 「おまかせ」というシステム/第3章 村社会での原理/第4章 漱石『こころ』の悲劇/第5章 「空」に救いを見いだす/第6章 「選択」を強いる宗教/第7章 信じることが可能な社会/第8章 人を信じるということ

著者情報

島田 裕巳
1953年、東京生まれ。東京大学人文科学研究科博士課程修了。元日本女子大学教授。専門の宗教学を軸に幅広い角度から現代日本社会に対する評論活動を続けている。小説、戯曲も手がける

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


グローバライズ

木下古栗(著)


ランキング一覧へ