pagetop

本 最後の審判の巨匠

ほしい!に追加 twitter
本-最後の審判の巨匠
著者: レオ・ペルッツ (著)
垂野創一郎 (訳)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 晶文社
シリーズ名 晶文社ミステリ
発行年月 2005年 03月
ISBNコード 9784794927453
版型 --
ページ数 285P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

レオ・ペルッツ OFF
垂野創一郎 OFF

内容紹介

1909年のウィーン、著名な俳優オイゲン・ビショーフの家では友人たちが楽器をもって集まり、演奏に興じていた。
歓談中、余興として次の舞台で演じる新しい役を披露するよう求められたビショーフは、役づくりと称して庭の四阿にこもった。
しかしその後、突如鳴り響いた銃声に駆けつけた一同が目にしたのは、拳銃を手に握りしめ、床に倒れたビショーフの瀕死の姿だった。
現場は密室状況にあり、自殺に間違いないと思われたが、客のひとり、技師ゾルグループは「これは殺人だ」と断言する。
俳優の最期の言葉「最後の審判」とは何を意味するのか。
ゾルグループが真犯人だという「怪物」の正体とは?折しもウィーンの街では不可解な「自殺」事件が頻発していた…。
「重要な先駆」とバウチャーが賞揚、ボルヘスが惚れ込み、鮎川哲也や都筑道夫の言及でも知られる伝説的作品がついにヴェールを脱ぐ。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

レオ・ペルッツ
1882‐1957。プラハのユダヤ人の一家に生まれる。1901年にウィーンに移住、文学グループに加わり、保険会社で働きながら執筆に勤しむ。第一次大戦中に発表した幻想歴史小説『第三の魔弾』(15)、パウル・フランクとの合作『マンゴー樹の奇跡』(16)は評判を呼び、一躍人気作家となる。つづく『九時から九時の間』(18)、『ボリバル侯爵』(20)、『最後の審判の巨匠』(23)、『どこに転がっていくの、林檎ちゃん』(28)などの作品は各国語に翻訳され、全欧的な名声を獲得した。独墺併合の1938年にテル・アヴィヴへ亡命。戦後はオーストリアとパレスティナを往復しながら創作を続けた。『夜毎に石の橋の下で』(53)はルドルフ二世の魔術都市プラハを描いた傑作。近年、世界的な再評価が進んでいる
垂野 創一郎
1958年香川県生まれ。東京大学理学部数学科卒

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


グローバライズ

木下古栗(著)


ランキング一覧へ