pagetop

本 50-60年代の韓国金融改革と財閥形成 「制度移植」の思わざる結果

ほしい!に追加 twitter
本-50-60年代の韓国金融改革と財閥形成 「制度移植」の思わざる結果
著者: 内橋賢悟 (著)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新評論
発行年月 2008年 04月
ISBNコード 9784794807632
版型 --
ページ数 194P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

内橋賢悟 OFF

内容紹介

本書は、米国による50年代の対韓「制度移植」の“導入”と“挫折”が60年代以降の韓国経済発展の制度的基礎条件を作り上げるという“思わざる結果”に結びついたこの国の歴史的経緯を詳細に検証したものである。
「制度移植」それ自体がはらむ根源的矛盾の解明に向けた、今日の世界の趨勢に対する問題提起の書。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 なぜ今、「1950‐60年代の韓国経済」なのか/第1章 「制度移植」をめぐる研究史―「特恵財閥」の成立過程を軸として/第2章 援助経済下の「金融制度改革」―1950年代韓国にみる「制度移植」の挫折/第3章 財閥の韓日比較史を通して―1950年代対韓・対日改革の挫折の意味/第4章 米国による対韓「制度移植」の矛盾とリスク―「ブルームフィールド勧告」の挫折の過程/第5章 1960年代韓国にみる政策的連続性―矛盾をはらんだ「韓国モデル」/結論 対米従属が生む「矛盾をはらんだ成長」

著者情報

内橋 賢悟
1961年神戸市生まれ。横浜国立大学大学院国際社会科学研究科博士課程後期修了。博士(学術)。専攻、韓国経済論・日韓比較経済史・比較経済制度史学。戸板女子短期大学国際コミュニケーション学科非常勤講師、流通科学大学助手などを経て、横浜国立大学経済学部非常勤講師。米国による対日・対韓政策を比較検討するため、1950年代に焦点を定め、両政策導入・挫折の歴史的経緯を研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ