pagetop

本 市民的自由の広がり JCLU人権と60年

ほしい!に追加 twitter
本-市民的自由の広がり JCLU人権と60年
著者: 自由人権協会 (編)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新評論
発行年月 2007年 11月
ISBNコード 9784794807519
版型 --
ページ数 279P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

自由人権協会 OFF

内容紹介

本書は、人権NGOである社団法人自由人権協会(Japan Civil Liberties Union;JCLU)の創立60周年を記念して発刊される論文集である。
その60年にわたる活動から、主に最近10年間、JCLUや会員個人が積極的に取り組んだテーマを取り上げ、その最先端の議論を、一般の人々を対象に分かりやすく書き下ろした。
複雑化し混迷する現代社会の中で、個人の権利と自由はともすると対立し、その調整は容易ではない。
しかし、市民の不断の努力によってはじめて、市民的自由(Civil Liberties)は、理念として共有され、広がり、社会に定着し、権力によって決して侵されることのないものとして尊重されていく。
本書は、そのための市民の手引きである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 人権擁護の国際的広がり(憲法を実現した人たち―海外有権者13年の闘い/「女性の権利は人権」―グローバル化する世界と女性の人権をめぐって/国際刑事裁判所と人権/テロ対策と外国人の人権―etrangerへの交錯するまなざし)/第2部 現代社会における多様な声(「君が代」斉唱・伴奏と教師の思想の自由/知的障がい者の民事訴訟における尋問及び訴訟進行における問題点/日本の精神医療―ネグレクトの歴史に終止符を/企業の社会的責任(CSR)と人権/ドメスティック・バイオレンス防止法の再考―保護命令制度と警察の対応について/市民の生活と被疑者・被告人の権利/代理懐胎の行方)/第3部 情報をめぐる権利の諸相(放送の自由と自律/取材被害―いわゆるメディア・スクラムの違法性について/表現の自由のジレンマ/監視カメラの問題点/裁判所の情報公開と刑事記録の情報公開/公文書の管理)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ