pagetop

本 循環と共存の森から 狩猟採集民ムブティ・ピグミーの知恵

ほしい!に追加 twitter
本-循環と共存の森から 狩猟採集民ムブティ・ピグミーの知恵
著者: 船尾修 (著)
定価 ¥2,484(税込)
BOOKFANポイント: 115 pt
or
Tポイント: 69 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新評論
発行年月 2006年 10月
ISBNコード 9784794807120
版型 --
ページ数 278P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

船尾修 OFF

内容紹介

イトゥリの森でわたしはムブティに教えられた。
生と死はつながっており、自分は他者であり他者は自分であり、「食べること」とは死の累積を享受することなのだと。
有限な森の恵みを、蕩尽しないように狩り、採集する生活。
平等な分配システム。
自己の生命が他の生きものの死によって育まれることへの畏敬の念。
グローバリゼーションをしなやかに生き抜く独特の世界観。
狩猟採集民の暮らしは、現代日本に生きるわたしたちに多くの示唆を与えてくれる。
コンゴ熱帯雨林地域の少数民と暮した日本人社会派フォトジャーナリストが人間の基本的な生活システムの中に地球環境への根源的眼差しを発見する。
「森の民」から「文明人」へのメッセージ。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 プロローグ―紛争が勃発したコンゴへ/2 再会/3 なぜ、ピグミーなのか/4 コンゴ民主共和国/5 イトゥリの森へ/6 カドド/7 狩猟と採集/8 森の生活/9 共存への道/10 同時代に生きる

著者情報

船尾 修
1960年神戸生まれ。写真家・フォトジャーナリスト。筑波大学生物学類卒(環境科学専攻)。アフリカとアジアをフィールドに、環境・文明・民族の視点から、人々の多様な文化や暮らしを撮り続けている。先鋭的なクライミングやアフリカの知られざる山などに足跡を記す登山家としても知られている。2001年から大分県の国東半島に移住し、米を作るなど自給自足生活を試みながら、日本人の心の原郷を作品化する仕事にも取り組んでいる。日本アフリカ学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ