pagetop

本 そうだったのか!土地の相続税評価 Q&Aでわかる土地評価のポイント

ほしい!に追加 twitter
本-そうだったのか!土地の相続税評価 Q&Aでわかる土地評価のポイント
著者: 葛田貴 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 税務研究会出版局
発行年月 2008年 12月
ISBNコード 9784793117275
版型 --
ページ数 255P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

葛田貴 OFF

内容紹介

本書は、「土地の評価は難しい」といった苦手意識の解消に役立つよう、土地評価にまつわる素朴な疑問を中心に、財産評価基本通達に基づき、基本的な事項から土地等評価へのアプローチや時価の考え方などを、イラストと図表を多用して解説しています。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 土地等評価の基本的な考え方(相続税評価額より安い価額でしか売却できない場合でも、その評価額で申告する?逆に、高い価額で売却できた場合には、税務署は何も言わない?/不動産を経済価値の観点から見るということはどういうこと?)/第2章 土地等相続税評価の基本的仕組み(土地等の相続税評価額を大まかに計算する方法として、「路線価×地積=評価額」は大ざっぱすぎる?では、倍率方式は?/財産評価基本通達は、どのように構成されている? ほか)/第3章 路線価方式による宅地の評価(路線価評価する最初の重要なステップが地区区分であるのはなぜ?路線価と地区区分にはどのような関係がある?/地区区分の判定を正面路線価ですると間違い? ほか)/第4章 農地・山林の評価(倍率地域にある農地・山林は宅地比準方式で評価することがある?/路線価地域にある農地・山林の評価はどうする? ほか)/第5章 有形的利用及び権利の態様に応じた評価(土地を構成する権利にどんなものがある?/高圧線が土地の上にあると地価が下がる? ほか)

著者情報

葛田 貴
1972年関西学院大学商学部卒業。東京国税局国税専門官採用。1985年不動産鑑定士補登録。2005年城東税務署退職。現在、税理士法人日本税務総研代表社員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ