pagetop

本 周辺史から全体史へ 地域と文化

ほしい!に追加 twitter
本-周辺史から全体史へ 地域と文化
著者: 浪川健治 (編著)
定価 ¥9,504(税込)
BOOKFANポイント: 440 pt
or
Tポイント: 264 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
清文堂出版
発行年月
2009年 09月
ISBNコード
9784792406745
版型
--
ページ数
368P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

浪川健治 OFF

内容紹介

時間と空間のなかに地域論を模索し、「周辺」論のあり方に一石を投じ、地域史から世界史像の再構成と未来性に挑む。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 『周辺史から全体史へ―地域と文化』―その視角と方法/第1部 一八世紀―変容する地域とその論理(「難儀」と「御救」―弘前藩領にみる一八世紀前半の地域変容/一八世紀における組合村の地域運営―上総国周准郡を中心に)/第2部 近世の対外関係と地域(近世対外関係の形成と商人の再編―平戸藩の「コンプラドール」を中心に/太平洋における日本―近世後期の対外貿易/一九世紀日本の「外交」と地域社会―一八二四年の大津事件と宝島事件)/第3部 近世史研究へのアプローチ―アメリカにおける試み(アメリカにおける日本史研究者の育成/空間の相対性理論―近世における江戸の位置/近世政治における「表」と「内証」―末期養子を事例に)/第4部 移行期の相克―地域・民族・国家(幕末における対馬の“位置”/近代日本と千島アイヌ―辺境における政策史)/第5部 近代のまなざし―地域と国際を結ぶ関心(地域史と国際史―原勝郎からエルワース・ハンチントンまで/地域医療と「ファシズム」―戦時期津軽地方の「国家」と「郷土」)/終章 『周辺史から全体史へ―地域と文化』―到達点とさらなる方向性

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 下

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


今日の治療薬 解説と便覧 2017

浦部晶夫(編集)


ランキング一覧へ