pagetop

本 和辻倫理学を読む もう一つの「近代の超克」

ほしい!に追加 twitter
本-和辻倫理学を読む もう一つの「近代の超克」
著者: 子安宣邦 (著)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
青土社
発行年月
2010年 08月
ISBNコード
9784791765669
版型
--
ページ数
310P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

子安宣邦 OFF

内容紹介

昭和日本最大の思想的事件日本的学知の頂点にそびえる和辻哲郎畢生の代表作『倫理学』。
昭和の戦争をまたいで刊行されたこの大著に、いかなる思想的事件がはらまれていたのか?敗戦後ほどこされた「修正」を検証し浮かびあがってきた刻印とは?西欧近代に渾身で応答しようとした思想的営為の栄光と挫折を、われらの課題として批判的に読み解く。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

なぜいま和辻倫理学なのか―和辻倫理学と昭和の刻印/和辻は倫理学を作り直す―既知の倫理学とは何か/マルクスからの始まり―和辻倫理学の隠された出発/昭和のわれわれの倫理学へ―和辻倫理学の再出発/「倫理」という言葉と解釈学―和辻におけるハイデガー/人の肉体は物体化・個別化されるか―個人殺しの物語/人間共同体という倫理学の語り―和辻におけるヘーゲルとは何か/なぜ二人共同体から始まるのか―「公共性の欠如態」としての共同体/経済社会をどう読み直すか―トロブリアンド島からの視点/和辻に「市民社会」はない「町人根性」と資本主義の精神/「民族」を語り出すこと―和辻における「偶像」の再興/文化共同体としての民族とは―“文化”を“民族”で語ってしまうこと/死ぬことができる「国家」の提示―和辻はここで終えねばならなかった/国破れて山河はあるか―和辻国家論の戦後/和『倫理学』はいかに完結したか―和辻倫理学の戦後

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

ポケット六法 平成30年版

山下友信(編集)


病気がみえる vol.11

医療情報科学研究所(編集)


大人のための国語ゼミ

野矢茂樹(著)


ランキング一覧へ