pagetop

本 アリス狩り

ほしい!に追加 twitter
本-アリス狩り
著者: 高山宏 (著)
定価 ¥3,888(税込)
BOOKFANポイント: 180 pt
or
Tポイント: 108 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 青土社
発行年月 2008年 09月
ISBNコード 9784791764303
版型 --
ページ数 355P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

高山宏 OFF

内容紹介

夢と現実、非論理と論理、狂気と正気が交錯するノンセンスの王国―。
そのノンセンスの宇宙を彷徨う美少女アリスの受難を、投影されたキャロルの不安として読み取り、進歩と退廃が共存する“芸術”の時代の本質を探る。
アリス研究の審級を一挙に高めた画期的力作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

流れのある風景―ルイス・キャロル小伝/破れた呪文―ルイス・キャロルの言語遊戯/俯瞰のエレジー―『キャロル大魔法館』瞥見/アデュナタの狂熱―キャロル、リア、ヴィクトリアン/パラドキシア・ファンタスティカ/ブリコラージュの世界解式―キャロル・イェイツ・世紀末/「リフレクト」する病―コーリー、ダン、ウェブスター/肉体性の積分記号―スターン、ホガース、アラベスク/円卓のセミオティケー―ピーコックの祝祭小説/メルヴィルの白い渦巻―『白鯨』の円環/梭と筬で書く―ハーマン・メルヴィルの場合/殺す・集める・読む―シャーロック・ホームズの世紀末/終末の鳥獣戯画―童謡殺人と現代

著者情報

高山 宏
1947年生まれ。東京大学大学院修士課程修了、英文学専攻。東京都立大学教授を経て、明治大学教授。専門は、17世紀綺想派詩人とマニエリスム演劇だが、17世紀以後の異言語現象と、それを生んだ視覚を中心とする肉体的、社会的条件というテーマからキャロルに親しむ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン2

鴻池剛(著)


ランキング一覧へ