pagetop

本 重力のデザイン 本から写真へ

ほしい!に追加 twitter
本-重力のデザイン 本から写真へ
著者: 鈴木一誌 (著)
定価 ¥2,808(税込)
BOOKFANポイント: 130 pt
or
Tポイント: 78 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 青土社
発行年月 2007年 02月
ISBNコード 9784791763207
版型 --
ページ数 333P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

鈴木一誌 OFF

内容紹介

文字の方向やタテ組ヨコ組など、ブック・デザインの詳細な具体例から、デザインの本質が「重力」の演出にあることを論証。
この議論をふまえ、多くの写真集をデザインした立場から、写真界の国際的トップランナー荒木経惟、森山大道を徹底分析し、「デザインされた重力」と映画の関係までを語る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 本と重力(増殖するシール―画面が立ちあがるとき/タテとヨコ―鏡のなかの文字 ほか)/2 あいだの映画(鏡と月―フレデリック・ワイズマンの重力/後ろ姿の思想―ジャン=リュック・ゴダールと書物 ほか)/3 写真と重力(問いかけへの演算子―荒木経惟と死者/走るアッジェ―流れる荒木経惟 ほか)/4 重力の行方(「二点間」へおりていく―吉本隆明のレイアウト感覚/重力の行方―レヴィ=ストロースからの発想)

著者情報

鈴木 一誌
1950年生まれ。グラフィック・デザイナー。東京造形大学在学中より杉浦康平のアシスタントをつとめ、85年独立。装丁ばかりでなく、本文、図版レイアウトを含めた書物全体の設計にたずさわるブック・デザインをしごとの中心とする。96年、デジタル・デザインでページを生みだすための基本ルール『ページネーション・マニュアル』を提起し、著作権フリーで公開。戸田ツトムとともに『季刊d/SIGN』の責任編集を務める。81年、第一回ダゲレオ出版評論賞を受賞以来、映画評論家としても活躍し、映画本の造本・装丁も多く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ