pagetop

本 梁塵秘抄うたの旅

ほしい!に追加 twitter
本-梁塵秘抄うたの旅
著者: 桃山晴衣 (著)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
青土社
発行年月
2007年 01月
ISBNコード
9784791763108
版型
--
ページ数
241P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

桃山晴衣 OFF

内容紹介

「遊びをせんとや生れけむ」で有名な中世歌謡集『梁塵秘抄』。
それらは、遊女と呼ばれるものたちによって歌い継がれた、日本最古の流行り歌であり、私たちが失くしてしまった「野のうた、衆のうた」だったのではないか。
ゆかりの地をたずね、歴史に埋もれた係累を掘りおこし、稀代の歌い手ならではのみずみずしい感性でときあかす、待望の書き下ろし。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

遊びをせんとや生まれけむ/こゑわざ―口伝集第十から/後白河院の祈念と企て/青墓の長者延寿/うた出づる国の背景/「梁塵秘抄」と日本の“うた”

著者情報

桃山 晴衣
6才より三味線音楽を始め、1960年桃山流を創立、家元となる。74年家元をやめる。’79年、初のLP「弾き詠み草」をリリース。坂本龍一と共演。’81年、LP「遊びをせんとや生まれけん 梁塵秘抄の世界」をリリース。’86年、LP「鬼の女の子守唄」リリース。’87年奥美濃・郡上八幡に土取利行と拠点「立光学舎」を設立。’88年日本インド祭「タゴール展」において企画立案、監修。’90年、ピーター・ブルック国際劇団「テンペスト」、’95年五木寛之作「蓮如」(前進座)の音楽を担殿。’95年より大野一雄とのコラボレーションで「照手姫」を作曲。’99年、CD「郡上のうた」2枚組をリリース。2000年より「梁塵秘抄2」を発表。’02年、「夜叉姫」パリ公演で絶賛を博す。’05年、「梁塵秘抄JAPANツアー100」をスタート。「梁塵秘抄3」を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ