pagetop

本 表象の奈落 フィクションと思考の動体視力

ほしい!に追加 twitter
本-表象の奈落 フィクションと思考の動体視力
著者: 蓮實重彦 (著)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
青土社
発行年月
2006年 12月
ISBNコード
9784791763085
版型
--
ページ数
370P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

蓮實重彦 OFF

目次

1 墓の彼方の追想(倦怠する彼自身のいたわり―ロラン・バルト追悼/ジル・ドゥルーズと「恩寵」―あたかも、ギリシャ人のように ほか)/2 フーコーの世紀(フーコーと“十九世紀”―われわれにとって、なお、同時代的な/視線のテクノロジー―フーコーの「矛盾」 ほか)/3 記号と運動(「魂」の唯物論的擁護にむけて―ソシュールの記号概念をめぐって/視線、物語、断片―ボッティチェルリの『春』と『ヴィーナスの誕生』 ほか)/4 近代の散文(『ブヴァールとペキュシェ』論―固有名詞と人称について/曖昧さの均衡―セリーヌ著『北』を読む ほか)/5 フィクション、理論を超えて(エンマ・ボヴァリーとリチャード・ニクソン―『ボヴァリー夫人』とフィクション/「『赤』の誘惑」をめぐって―フィクションについてのソウルでの考察 ほか)

著者情報

蓮實 重彦
1936年東京生まれ。60年東京大学文学部仏文学科卒業、65年パリ大学文学部人文学部から博士号を取得。東京大学教養学部教授を経て、93年から95年まで教養学部長、95年から97年まで副学長を歴任し、97年4月から2001年3月まで東京大学26代総長。主な著書に『反=日本語論』(筑摩書房、読売文学賞受賞)『監督小津安二郎』(筑摩書房、仏訳版でフランス映画批評家連盟文芸賞受賞)『凡庸な芸術家の肖像―マクシム・デュ・カン論』(青土社、芸術選奨文部大臣賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
クラウド本棚認証or認証&電子書籍購入でギフト券プレゼント!
特集一覧へ